北海道・大沼国定公園にある老舗「沼の家」のだんごは観光客にはもちろん、地元の人にも定評のある一軒。JR大沼公園駅近くにあり、店内のイートインスペースで大沼公園散策の合間に一休みしながら味わえます。

沼の家から駒ヶ岳を眺望する新日本三景「大沼湖」、遊覧船乗り場のある大沼公園広場までは徒歩3分ほどです。

観光客に人気の自然散策路「大沼コース」(1周約2キロ/1時間)、「小沼コース」(1周1キロ/約30分)があります。

今回おすすめしたいのは、上記の2コース以外の道です。大沼公園広場から西大沼橋を渡って、千の風になってのモニュメントがある西大島、東大沼橋渡って東大島を歩き、鯉釣り堀太公園の横を通って、大沼公園広場に戻ってくるコースです。

実際に時間を計って歩いてみたところ、沼の家さんから、写真を撮りながら歩いて30分で戻ってこれる道のりでした。少ない時間でも、自然散策と観光みやげ品店など楽しめます。

おいしいだんごを先に味わっても良し、散策後に味わっても良し。美しい景色とおいしいだんごで幸せ気分をぜひ!

■沼の家
住所:北海道亀田郡七飯町字大沼町145
電話:0138-67-2104
営業時間:8:00~18:00(売り切れ次第終了)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。