伊豆半島・河津町

昨年2011年2月に伊豆半島の下田に近い河津町に行きました。ここは、早咲きの桜が有名な場所で、河津七滝から流れてきた川の両岸に桜の木が植えられています。

ちょうど訪れた時期が桜まつりで、屋台がたくさんでていました。また、河津桜交流会館では、桜まつりの時期に桜の名所を案内してくれる観光協会のボランチイアの人がいて、1時間程で案内してくださいました。

主な名所としては、
  1. 伊豆大島から取り寄せられた原木を見に行きました。それは、すばらし花を咲かせた老木でした。
  2. 間欠泉が見られる場所に行きました。時間になると10m以上に吹き上げる温泉の湯は、太陽のもと虹を描きだしていました。
  3. 川のほとりは桜が満開に近く、花がたれるまでに咲いている通りがあります。元に戻る途中の露店で名産品を買って、協会会館に戻りました。そしてお昼はここに来たならということで、金目の煮付けを食べることにしました。大変おいしく食べることができました。

話に聞くと今年2012年は、天候不順で花の咲きがおもわしくないとのこと。しかし河津桜は、一見の価値はあります。是非いって見られると良いと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。