春一番に着たいのは、やっぱりトレンチコート!

まだまだ寒さは厳しいけれど、早く厚手のコートを脱ぎ捨てて、春物に袖を通したくなるこの時期。春一番に着たい大活躍アイテムといえば、やっぱりトレンチコート。1着でこなれた感を演出できるファッション性と、幅広いテイストのスタイルにハマる着まわし力で、トレンチコートは、いつの時代もファッションをこよなく愛する女性たちの定番アイテムに君臨しています。

今季発表された「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」の<トレンチコート カプセルコレクション>は、VIKTOR&ROLFデザイナーのヴィクター・ ホルスティング氏とロルフ・スノーレン氏の2人による象徴的なデザインアプローチを、アイコニックなピースに適応させて、全4型で表現。これは、2010年春夏からスタートした<ブラックドレス>、2010年秋冬からスタートした<ホワイトシャツ>カプセルコレクションに引き続き、シーズナルのカプセルコンセプトを発展させたもの。

デイウエアからイヴニングウエアまでの多様性を持たせるため、様々な素材やデザインディテールを用いて完成させた4型のトレンチコートを早速拝見!

【CONTENTS】
Page1:トレンチコート ドール
Page1:トレンチコート サテン
Page2:トレンチコート ケープ
Page2:トレンチコート ベルスリーブ

トレンチコート ドール
 

VIKTOR&ROLF

トレンチコート 236,250円/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)

ギャザーラッフルと「人形のような」比率のコットンギャバジントレンチ。60年代を代表するファッションアイコンのひとりで、映画『シェルブールの雨傘』に出演していたカトリーヌ・ドヌーブのように、女性らしくスウィートな趣き。

トレンチコート サテン

VIKTOR&ROLF

トレンチコート 264,750円/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)

大きな襟とラペルに特別なボリュームを持たせたダッチェスサテントレンチ。“ジャッキー”の愛称で国民に親しまれた、おしゃれなファーストレディの先駆けであるジャクリーン・ケネディ・オナシス氏のように、サングラスやスカーフを小粋に使って、シックに着こなしたい。


次のページでは、まるでケープのようなトレンチや、袖に特徴のあるトレンチが登場!