浮気の兆候

妻からの連絡にはめったに出ないのに、常に携帯電話を持ち歩く夫には浮気のニオイが……!?

ひと口に「浮気」といっても、内容だけではなく実はレベルも異なります。大切なのは、レベルに応じた対策が必要だということ。たとえば、初期レベルの浮気なのに大げさに騒ぎ立ててしまうことによって、浮気が本気に発展してしまうというケースもあるからです。

そこで今回は、パートナーの言動から浮気のレベルを探り、そのレベルに応じた対策を考えていくことにしましょう!



 

「牽制」が必要なレベルの浮気とは?

□外出が多くなった
□好みが変わった
□オシャレになった


はじまったばかりの浮気は“恋愛ごっこ”が新鮮で、楽しいことが多いもの。ですから、言動も無防備なケースが目立ちます。外出が多くなってソワソワしたり、食べ物や洋服の好みが変わったりするのも、わかりやすい例でしょう。

ポイントは「急に変化がみられること」。今まで何年も変わらなかったことが短時間で変化をするということは、そこに“誰か”の影響がある場合が多いからです。

初期レベルの浮気には、「牽制」が効果的。「浮ついた気持ちでいるかもしれないけれど、私はそれを知っているわよ」というメッセージを伝えることで、本気の浮気に走る前に「妻にはかなわない」という冷静な気持ちにさせることができるのです。

「このところ水曜はいつも遅いのね。おつかれさま」「最近、オシャレに気を遣うようになって、素敵になったわね」などとイヤミに聞こえないよう、あくまでも笑顔で伝えてみると、相手はギクっとなるはずです。

>>次のページでは、危険なレベルの浮気の兆候をご紹介します!