「おこづかい制にすれば貯まる」の間違い

家計診断をしていると、おこづかい制を採用している家庭は半分くらいです。おこづかい制は、夫が自由に使えるお金を決めてしまい、貯蓄に回すお金を捻出できるので、一見とてもよさそうに見えますが、実は夫ががんばっておこづかいをやりくりしていても、他のお財布に大きな穴があいていることがあるのです。その原因と解決策を見てみましょう。

名ばかりおこづかい

■おこづかいの定義がない
「おこづかい」で買う物は、何と何なのか決めていないケースです。妻は飲み代までおこづかいでやりくりしてほしい、と思っていても、夫はおこづかいはランチ代だけと思いっていると、その都度お金をもらってしまうことになり生活費がどんどん少なくなります。おこづかいで買う物は何なのか、事前に決めておく必要があります。

■足りなくなる
夫がやりくりできず、給料日前にお金を渡してしまうケース。気持ちよく仕事に出かけてほしい妻は、ついついお金を渡してしまいます。飲み会が多い、パチンコなどの趣味がある人が、やりくりが難しいことが多いです。まず、お金を貯めるという目標があることを一緒に認識し、お付き合いや趣味も、止めるのではなく、優先順位を考えてもらいます。おこづかいの渡し方を週一や毎日に変えてみるのもいいでしょう。

■カードを使う
もらったおこづかいの他に、クレジットカードで買い物をするケース。例えば、おこづかいは4万円と決めているのに、おこづかいで払うはずの買い物をクレジットカードでしていると、4万円+αの支出があり、+αの分を請求が来て初めて妻が知ることになります。カードでは、おこづかいから払うもの(ランチ代、本など)は買わないことにするか、カードを使うなら、その都度明細をチェックして現金との合計をおこづかい範囲内に収める努力をするか、VISAデビットカードなどのその都度銀行口座から引き落とされるカードを選んだほうがいいでしょう。

■おこづかい額が多い
お小遣い平均3万6500円から見えるみんなの暮らしにも書きましたが、会社員の男性の平均は大体4万円前後です。出張が多い人や、つき合いで行くゴルフ代などがかかる人は、最初に10万円といった大きな額を決めてしまいがちですが、貯蓄とのバランスがとれているかを見てみましょう。忙しい夫の必要経費であることに違いありませんが、貯蓄が出来ないのに経費だとしておこづかいを多く見積もっているのは、中身の改善の余地ありです。会社の立て替え金が戻ってきたら、貯める専用口座に入れる、ゴルフ代と純粋なおこづかいを分けて渡すなどルールを作るといいですね。

続いての落とし穴! 意外にも妻に原因が……。