バンコクで象に乗る!

ソンクラーンundefined象

タイの正月ソンクラーン(水掛け祭り)に象も参戦!

タイの国家の象徴でもあり、以前は国旗にも描かれていたほど、タイでは親しみのある象。1998年からは3月13日が「象の日」と制定されていることから、タイの文化と深く関わり大切にされてきたことがよくわかります。

観光で訪れる外国人にとっても「タイいえば象!」という印象が強く、タイに来たら一度は「象に乗ってみたい!」という人も多いはず。現在、国内には3000~4000頭の象がいると言われていますが、いまや東南アジアを代表する国際都市にも成長したバンコク市内を、野生の象が歩いている……なんてことはもちろんありません。「タイに来れば、象が見れると思ったのに」という人、必見! 今回はバンコク近郊で象に乗ることのできるスポットをご紹介します。

ちなみにどこのスポットもバンコク近郊とはいえ車で1時間以上かかるところにあり、公共交通機関もほとんどないので、初めてタイを訪れる人なら現地発着のツアーなどに参加されることをおすすめします。どのツアーも大人1人1000~1500バーツ(約2620~3930円)くらい。英語ができる人や旅慣れている人ならタクシーをチャーターして行くこともできます。

伝統芸能ショーから象まで! タイらしさを満喫、ローズガーデン

バンコク中心地から約1時間の郊外に位置するテーマパーク「ローズガーデン」。タイのバンブーダンスや古典舞踊などの伝統芸能のショーや、象の曲芸ショーが行われています。ショーの後は実際に象に乗ったり餌をあげて写真を一緒に撮ることもできます。象乗りの料金は50バーツ(約130円)。

<DATA>
■The Rose Garden(ローズガーデン)
住所:Km32 Pet Kasem Rd., Sampran, Nakorn Pathom
TEL:03-432-2588
営業時間:8:00~18:00

レベルの高いショーも楽しめる
サンプラーン・エレファント・グランド&ズー

象undefinedショー

象好きなら一度は訪れたい場所。ショーもとてもレベルが高いことで知られている

バンコク中心地から約1時間の郊外に位置する、象とワニのショーが有名なテーマパーク。象がサッカーをしたり丸太を運んだりする大がかりなショーが行われています。ローズガーデンよりもショーのレベルが高いとの声も。象乗り体験は500バーツ(約1310円)。象以外にもワニと飼育係とが格闘する「クロコダイルショー」も有名です。

<DATA>
Samphant Elephant Ground & Zoo(サンプラーン・エレファントグランド&ズー)
住所:Km30 Pet Kasem Rd., Samphran, Nakhon Pathom
TEL:02-295-2938
営業時間:9:00~17:30

世界遺産も楽しめる、アユタヤエレファントビレッジ

アユタヤundefined象

象の上から遺跡を眺められてアユタヤ王朝気分に浸れるかも

世界遺産としても知られている遺跡のあるアユタヤ。バンコクから車で2時間弱なので日帰り観光も可能です。アユタヤの中央にはエレファントキャンプがあり、象に乗りながら遺跡観光をすることができます。象だけでなく世界遺産の遺跡まで楽しめて一石二鳥!と、観光客には人気の高いアユタヤのアクティビティ。料金は10分200バーツ(約524円)、20分400バーツ(約1048円)。

<DATA>
■Ayottaya Elephant Village(アユタヤエレファントビレッジ)
住所:Phthon Rd., Ayottaya
TEL:03-532-1982
営業時間:9:00~17:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。