帽子を使ってエレガントに着こなす上級テク


ruitomidokoro

きれいめのウォッシュ感が大人っぽいデニムはUNIQLO。パンプキンカラーのBORONYのフェルト帽とファーティペットが絶妙の相性。(富所 類さん)


今やおしゃれ大人女子の間では、帽子は欠かせないファッションアイテム。ベレー帽、キャップタイム、フェルト帽など、デニムスナップでも、帽子をかっこよく取り入れている人がたくさんいました。

とくに素敵に見えたのが、中折れのソフト帽をかぶっていた人たち。ダンディなアイテムであるソフト帽を取り入れながら、メイクをきちんとして、さらに襟元にファーやアクセサリーを加えて、全体を女らしくリッチな雰囲気でまとめる、こんな計算されたコーディネイトをしている人もいました。

そう、マニッシュというよりも、エレガント、いう雰囲気。大人の帽子のおしゃれは、いかにエレガントに取り入れるかがカギのようです。

chisayamiura

ややつば広のフェルト帽で優雅に。全身をシック&スリムにまとめたコーデにフェルト帽を合わせることで、フェミニン度がアップ。デニムはLEVIS。(三浦智早さん)


デニムを大人っぽく洗練された顔で着こなすには、お洋服のコーディネイト力と同じくらいくらい、ヘア&メイクのテクニックも必要。

今回スナップでご紹介したデニム美人たちは、ヘアアレンジの達人でもありました。ダウンスタイルの人はランダムなカールがつくようにこてで巻いていました。まとめ髪の人たちは前髪の流し方、トップのボリュームのもたせ方がそれぞれ個性的。全身鏡で写して、トータルバランスを工夫しているようでした。

そして、デニムスタイルに鮮度を加えるために、そろそろ春小物を加えてみませんか?デイリーに使える春小物が知りたい人はぜひ雑誌「Como」をチェックしてみてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。