リフォームすることは決心がついたけれど、どこに頼んでよいかわからない……、という方は結構多いようです。何しろリフォームは出来上がりをそのまま買ってくる訳ではないので、値切ると手抜きをされそうだし、かといって法外な値段を要求されたくはないし、と何かと考えることが多くなってしまいます。

そこで今回は実際にリフォームを体験された施主様に、リフォーム業者をどのように見つけたかをお聞きし、BEST5のランキングにまとめてみました。また、それぞれの良かったところや、まずかったところなどもお聞かせいただきましたのでご紹介いたします。

第5位:ホームセンター(もしくは家電量販店)に頼んだ

エコキュート

「太陽光発電システム」「エコキュート」「IHクッキングヒーター」など、家電量販店やホームセンターのリフォームを活用される方が増えてきています。

一般的なホームセンターではリフォーム用の住宅設備や資材を扱っており、それらの工事を自分で出来ない方のために、工事手配をしてくれたり、あるいはリフォーム専任のスタッフが常駐していて、リフォームの相談に乗ってくれたりしています。

また最近はオール電化リフォームの高まりを受けて、家電量販店でも太陽光発電やIHクッキングヒーターといったリフォームについて、設備販売だけでなく工事も一括で依頼できるため、すぐに注文できるというのが手軽で頼みやすい理由となっているようです。

【成功事例】
・ホームセンターにカーポートの取り付けを頼んだが、ほぼ予算範囲で抑えることができた(50代男性)。
・家電量販店にエコキュートの設置を依頼した。チラシ通りの価格で非常に安く依頼で来た(60代女性)。

【失敗事例】
・営業担当者と工事業者が別々のようで、要望が正しく伝わっていなかった(50代男性)。

第4位:知り合い(親戚)の業者に依頼した

面識のない人を家の中に入れることに不安に感じる方も多いようで、知り合い(親戚)の業者に依頼したという声が第4位でした。予算のことや工事のことなど、いろいろ気軽に相談できるというのが最大のメリットである反面、強く文句が言えない、かえって気を遣う、なかなかすぐに来てくれないという問題点もあるようです。

【成功事例】
・安く工事してくれた(70代男性)。
・1年がかりでリフォームの相談に乗ってもらっていた。たくさん相談できてよかった(30代男性)。

【失敗事例】
・仕上げが悪かったので本当は違う業者にしたかったが、親戚なので文句が言えなかった(60代女性)。
・「暇な時でいいから」と依頼したら、本当に工事が後回しになり、ずいぶん待たされた(50代男性)。

次のページでは、第3位~第1位をご紹介します