トヨタはG's、GRMNに注力

ノア G's コンセプト

フロントグリルなどの専用パーツとマジョーラカラーで彩られたエクステリアが目を惹く。30mmのローダウンサスペンション、スポーツブレーキパッド、ボディ補強など走るためのファインチューニングも施されている


トヨタでは「G's」、「GRMN」の新しいコンセプトカーを中心にブース展開されていた。ミニバンではノアG Sportsのみだったが、社長肝いりのプロジェクトだけに今後もG's、GRMNの両ブランドに力を入れていくはずだ。

来場者が囲んでいたのが、先日日本デビューを果たしたFJクルーザーのモデリスタ仕様。FJクルーザー JAOS Selected by MODELLISTAは、フロントバンパーエクステンションやメッキのフロントグリルガーニッシュ、そしてJAOSフロントキットなどのオフロード仕様らしいパーツを揃えたクロカンチックなモデルで、最近のSUVでは逆に新鮮に映るから不思議なものだ。
FJクルーザー

JAOSフロントキット(12万7050円~)、フロントバンパーエクステンション(9万6600円~)、フロントグリルガーニッシュ (3万450円)など、多彩なパーツを用意。純正系、アフター系を問わず、自分だけのスタイリングを楽しめる環境が整っているのが、FJクルーザーの魅力だ。トヨタ本社以外にもトヨタ系ディーラーがオリジナルのFJクルーザーを展示していた

今回は、東京オートサロンが初お披露目となる参考出品モデルを中心にご紹介したが、どのモデルも年内にも市販化の可能性が大なモデルだけに、いち早いリリースに期待したいところだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。