電子マネーで上手にポイントを貯めるコツ
 

同じ買い物をするなら、ポイントの貯まる店や電子マネーを選びたいもの。ポイントが貯まれば割引になったり、景品と交換できて、お得になります。いまや私たちの暮らしにポイントはなくてはならないものになっています。そして、ポイントを貯めるツールとしてもっとも注目を集めているのが電子マネーなのです。

電子マネーなら少額の買い物もできるし、ポイントも小刻みに貯まり、無駄なくリーズナブルに節約できるという印象があります。
そうした点も電子マネーの追い風になっています。
それではポイントで電子マネーを選ぶ際の注意点について考えてみましょう。
気をつけたい点は、5つあります。

1. 行きつけの店やよく利用する交通機関でポイントを貯める
 

よく行くコンビニやスーパーで貯まるポイントを集めるようにしましょう。それには日頃から自分の行動範囲やパターンを見直してみることです。電車にも乗らないのにスイカやパスモをもっていてもあまり意味はありません。また、普段はコンビニやスーパーに行かない人がナナコをもっていても宝の持ち腐れです。自分がよく行く場所で使える電子マネーを選び、そのポイントを貯めるというのが原則です。

2. クレジットカードで電子マネーにチャージしポイントを貯める
 

電子マネーで決済するだけがポイントを貯める方法ではありません。電子マネーにチャージすることでポイントを貯めることもできます(このポイントはクレジットカード側につきます)。ただ、クレジットカードの中にはチャージしてもポイントがつかないものもありますから、事前によく調べてください。

3. 「チリも積もれば山」。小さな買い物でもできるだけ電子マネーを使う 

クレジットカードとの違いはどんな少額なものでも電子マネーなら支払いができることです。100円単位でポイントがつくのでお得です。さらに、効率的にポイントを獲得したいなら、一回の買い物で2倍のポイントになるキャンペーン期間を狙うのもよいでしょう。特定の商品にボーナスポイントがつくこともありますから、そうした情報を逃さないようにしましょう。リアル店舗だけでなく、ネットショッピングで電子マネーが使えるようにもなっています。ポイントもたくさんつきますから、そうした機会を見逃さないようにしましょう。