離婚/お金の問題

いざ別居!「生活費は相手からもらえるの?」(2ページ目)

離婚を考えたとき、その前の段階には「別居」という選択肢を考えることもできます。今回は、別居についてのメリットや注意点、別居中にかかるお金のことなどについて詳しくみていきましょう!

岡野 あつこ

執筆者:岡野 あつこ

離婚ガイド

夫婦間の扶養義務は別居中でもしっかりあります!

生活費

「別居をする理由は何か?」それによって生活費が支払われるかどうかにも影響が出てきます

Q:別居している間にかかる生活費は、相手からもらえるの?
さて、いよいよ本題です。結論から言うと、たとえ別居期間であっても相手の生活の面倒を見る必要はあります。夫婦間の扶養義務はあるのです。

たとえば、夫の暴力が原因で家を出た場合、妻は別居中の生活費に一部を「婚姻費用」として相手に請求することができます。

夫婦間に子どもがある場合は、婚姻費用のうち、生活を保てる程度は支払わなくてはなりません。ただし、子どもがいない場合などは、夫婦が破綻にいたった責任はどこにあるのか、どのくらい破綻しているのか、といった理由や状況に応じて減額されることもあります。

「浮気→別居」は生活費の請求が認められないことも

生活費の請求が認められないケースもあります。それは、請求者に一方的な責任がある場合などです。たとえば、妻がほかの男性と浮気をしたのち、別居を言い出して家を出ておきながら、夫に生活費を請求したとしても、当然のことながら支払いは認められません。

また、「夫が愛人のところに入り浸って生活費を支払わない」というときには、双方の収入に応じて裁判所が相当と認める婚姻費用の分担請求が認められます。支払う能力があるのにお金を払わないようであれば、内容証明郵便の送付や調停にかけることは可能です。

いずれにしても、「なんのための別居か?」「最終目的に向けてすべきことは何か?」「離婚後の生活設計はもちろん、別居中の生活費の確保はできているか?」という3つのポイントをおさえてから別居に踏み切ること。そうすれば、関係が悪化した夫婦や問題を抱えている夫婦にとって、別居はなんらかのプラスの方向に転ぶ解決法が見つかる可能性が高い選択といえるでしょう。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で離婚関連の書籍を見るAmazon で離婚関連の書籍を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます