iPhone唯一の欠点

最近は、多機能携帯のスマートフォンが人気です。携帯電話と違ってスマートフォンは指で直接タッチして操作できたり、パソコンと同じようにファイルを開いたり、スクロールできるので、人気になっているのです。その代表がアップル社のiPhone(日本での販売代理店はソフトバンク)ですが、iPhoneの欠点を挙げるとするならば、おサイフケータイ機能がない点でしょう。本体に非接触ICが入っていないために、スイカやエディを使うことができないのです。そのことに多くの人が不満をもっているようで、アンケート調査をすると、「iPhoneでコンビニで買い物ができたり、電車に乗れたらどんなにいいか」という意見がたくさんでます。

iPhoneがおサイフケータイになれない理由

おサイフケータイ機能のニーズが高いことが分かっているからこそ、ソフトバンクはヤキモキしています。しかし、いくら待ってもiPhoneにおサイフケータイは載らないでしょう。なぜならば、開発者のアップルにその気がないからです。というのも、現在、日本で普及している電子マネーのすべてはフェリカという独自規格で、世界標準の規格ではないのです。日本と一部アジアで使われているだけで、欧米では全く使えません。そのため、アップルは非接触ICを入れるとしても、フェリカの搭載は考えないはずです。アップルが入れるとすると、タイプA、タイプBといった欧米で広く使われている規格になることでしょう。そして、すでにその方向で動いているといわれています。ですから、非接触ICチップの入ったiPhoneが発売されても、日本の電子マネーに対応した規格が載っていないという不思議な結果になる可能性が高いと思われます。

今後の展開に注目

しかしそれでは日本のiPhoneユーザーがおさまらないかもしれません。auはおサイフケータイ対応のスマートフォンを発売します。ドコモもエクスペリアに搭載の予定です。これからのトレンドは、スマートフォンで決済ができて当たり前の時代になるのに、iPhoneだけが対応できなていないということになるからです。そこで、ソフトバンクは、いろいろ考えてくると思われます。本体に入らないなら、保護カバーにフェリカを入れて、カバーを付ければおサイフケータイになるような仕組みにするかもしれません。カバーではなく、その他のアクセサリーにチップを組み込むことも考えられます(あくまで私の予測ですが・・)。いずれにしろ、当分は変則的な形で、iPhoneは決済機能を補完することになりそうですので、今後の動向に注目です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マネー得ネタ short-short は、毎週火・木曜日更新!
次回は、「年末調整で見落としやすい3つの盲点」を紹介します。お楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。