禁煙で毎月1万円貯めれば30歳からでも●●万円貯まる!

それでは30歳スタートで禁煙して毎月1万円貯めるモデルケースを考えてみたいと思います。とりあえずゴールは65歳としましょう(おそらく今30歳の人の定年は65~70歳だと思います。個人的予想は70歳ですが、実現性の高いと思われる65歳を今回は設定します)。

毎年貯められるのは12万円です。65歳までは35年ありますから、12×35=420万円の元本が貯められることになります。つまり、禁煙すれば何もしなくても420万円貯まるインパクトがあるわけです。

420万円は寝かせておく必要はないですから、銀行に預けるなり、投資信託で増やすなり、考えてみたいものです。仮に銀行分が年1%、投資信託分が年4%で増やせたとすれば、全体では年2.5%ずつ増える計算です。もしこのペースでいけばお金は670万円になります。これだけでもちょっとしたものです。おそらく老後の生活には余裕が生まれることでしょう。

他に定期預金等を保有しているし、本来燃えて消えてしまうお金だったと思って、全部投資信託にするとどうでしょうか。この場合だと、914万円まで増やせる可能性があります(ちなみに年4.5%で増えると1018万円です)。

毎日1箱ずつ吸っては消えていた300円を、しっかり貯め続けて増やし続ければ、実は1000万円に育つ可能性を秘めているわけです
老後のことが不安な人は多いと思いますが、老後のためのお金の準備に手をつける人はあまりいないようです。禁煙をきっかけにして、毎月1万円の積立、始めてみてはいかがでしょうか?

■   ■

なお、積立を始めるためには、積立の定期預金か積立の投資信託を申し込む必要があります。銀行や証券会社の窓口でもいいですし、ネット銀行、ネット証券であればオンラインで手続きをすることもできます。
せっかく始めた禁煙分を、買い物で使ってしまわないよう、自動引き落としの手続きも忘れずに行っておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。