皿
優雅に佇む、圧倒的存在感。


美術館で絵画を鑑賞していると、ある一瞬、すっとその世界へトリップしたような、 不思議な感覚に捉われることがあります。 自分と絵の境目がもやもやとかすんで、絵の中にぽっかりと浮かんでいるような感覚。 そして次第にじわじわと満ち足りた気分が訪れます。 この一枚の絵皿も、まさにそんな感覚でした。

アートを普段の暮らしの中に

皿
展示会でのワンシーン。
amabro(アマブロ)は、アーティストである村上周氏が監修する、プロダクトブランドです。 コンセプトは表現の再構築。既に存在している様々なジャンルの創造物を 見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。 こんなふうに書くと、なにやら難しい感じになってしまいますが、 普段の暮らしの中にある何気ないものを、 amabro的な表現でアートに生まれ変わらせて、 現代の生活に合ったプロダクトと融合してみると、生活はもっと楽しくなるのでは、 という提案なのです。 たった一枚のお皿でも、それが存在するだけで、回りの風景が 変わって見えることって、あるのではないでしょうか。

お皿いろいろ
「soil」シリーズ。イマジネーションを掻きたてるデザインです。



村上周(むらかみ・あまね)
アートディレクター、アーティスト。
1975年生まれ。神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科在学時にシルクスクリーンと出会い、 イラストレーション、グラフィックデザインを学ぶ。同大卒業後、創作活動を始め、 また、アートディレクターとして広告、書籍の装丁、CD・DVDのジャケットやカタログ、 アパレルなど、多岐に渡って活躍中。


展示風景
アンティーク家具と合わせたディスプレイ。
写真右中のネコとウサギのシルエットは、お皿の裏のロゴ。
左下はお皿を入れるパッケージ。このデザインも素敵です。


アートだと考えると何やら近寄りがたい雰囲気ですが、 テーマは「art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)」。 生活は芸術、という言葉の通り、日常の中にアートを気軽に取り入れて欲しい、 という思いが込められています。 だからこのお皿は飾っておくだけではなく、実際に食卓でじゃんじゃん使えます。 繊細に見えるけれど、岐阜の美濃焼であり、気兼ねなく手に取れる丈夫なプレートです。 絵も上乗せしたプリントとは違い、しっかり焼き込まれているため、洗ってもそう簡単には落ちません。 これが一枚あるだけでパッと場が華やぎ、食卓を賑やかなものにしてくれます。 気分も食欲も変わってきそうですよね。

アートはコミュニケーションの絆

作品
左は直筆の絵画。右は絵を身近に楽しめる「canvas」のシリーズ。
村上さんは子供の頃から絵を描くのが大好きで、 自分の家の壁や襖にも描きまくっていたとか。 普通なら親に怒られそうですが、 あまりにいっぱい描くので、何を描いてもいい、という壁が与えられていたらしいです。 茶道や書道、和食器のコレクションなど、芸術好きだった母親に連れられて、 美術館へもよく通っていたそう。 理解ある両親の元で自由な発想を育て、 アートに触れる様々な環境が普段の生活の中にあったことが、 村上さんの進むべき道を自然に切り開いていったようです。


作品
上左は年賀のイメージで描かれたもの。右はラフスケッチの一部から。
下はCDアルバムに使われているものですが、生で見る迫力はすごい。


村上さんの精力的な”描きまくり”は現在も続いているようで、 ドローイングファイルが何冊も事務所の棚に詰め込まれていました。 そんな大量のラフスケッチや作品の中からいくつかを見せてもらったのが、 上の写真です。CDジャケットや本の装丁、アパレルのカタログなど、村上さんの 活動は幅広く多岐に渡っており、一番下のキャンバスに描かれた赤い絵は、 EGO-WRAPPIN'(エゴラッピン)の最新アルバム「EGO-WRAPPIN' AND The GOSSIP OF JAXX」 のジャケットに使われているもの。全体のアートディレクションも行っています。
「これからもどんどん自分を変化させて、常に新しい発見をしていきたい。 オリジナルとは進化するもの。5年後の自分は全く違うかもしれないです。 芸術は枠がないから、やりたいと思うことをまっすぐに実現できるのが楽しい」。
外国でたとえ言葉が通じなくても、作品を通して意思を伝え合ったり、 仲間になることができる。アートから生まれたコミュニケーションの絆が、 村上さんにとって最も大切な宝だといいます。 そうやってできた多くのつながりが、お互いに支えあって、 そこからまた新たな作品を生み出しているようです。

次ページでは、amabroの他のプロダクトもご紹介します。