ペットと暮らす
もはやペットは家族の一員です。ペット君たちは住まいのあちこちに不満を感じているのかもしれません。
ペットと一緒に暮らしたいという理由でリフォームに取り組まれる方が増えてきています。人間には当たり前の空間であっても、ペットにとって不都合であったり、ニオイや汚れ、住まいのキズといった問題点を解決するためには、リフォームが不可欠になってきているのです。

今回は、家族の一員であるペットたちが、人といつまでも仲良く、そして快適に暮らしていくためのリフォームプランと概算費用についてご紹介します。

ペット用クッションフロアでケガ防止&

ペット用クッションフロア
ペットたちの足腰への負担、汚してしまったときのことを考えると、床材にはもっと気を使ってあげた方が良さそうです。特殊加工されているクッションフロアを採用するのも一つの選択肢です。(画像提供:リリカラ株式会社
普通のお部屋に使われている一般的なフローリング床は、室内で過ごすペットにとって実はものすごく負担になっています。帰宅したご主人様を喜んで迎えに行こうとして駆け出した瞬間、ペット君たちが足をツルツルさせてスリップしている様子をご覧になったことはないでしょうか。実はこれが大変な問題で、ペット君たちの骨折の原因にもなっているそうです。また傷ついたフローリングがささくれてしまっていると、ペットがおしっこをしてしまった時に汚れが浸透してしまいやすくなり、ニオイが染み付いてしまうことも多いのです。

そこで、ペット君たちの歩きやすさや、お手入れ・お掃除のしやすさを考えて、最近の住宅の洗面室やトイレなどでも良く用いられているクッションフロアの中でも、ペットたちと一緒に暮らすことを想定して設計されている「ペット用クッションフロア」で仕上げてみるリフォームが注目されています。

特殊加工されているこの「ペット用クッションフロア」は、ペットの爪でもキズが付きにくく、また適度なクッション性と爪のひっかかり具合がペット歩行の負担にならず、アンモニア系の汚れにも強いため非常にお手入れ面でも優れています。また、材料費が1m2あたり3,000円~と安く、ペットと一緒に暮らすご家庭にとっては、割と採用しやすいリフォーム用床材であると言えるでしょう。

【特殊加工クッションフロアの概算リフォーム費用】
10m2(約6畳)あたり 60,000~100,000円程度
※材料費、施工費、廃材処分費含む。
※既存のフローリング床をはがして仕上げる場合を想定。床下地材(根太・大引きなど)の補修は含まない。


タイルの床でペットも人も落ち着いた雰囲気の部屋に

タイル仕上げ
汚れにくさ、すべりにくさ、そしてニオイが残らないという点で優れているタイルリフォーム。部屋の雰囲気もグッと引き締まります。(画像提供:株式会社INAX
またクッションフロアとは違った質感、空間コーディネイトを楽しむのなら、タイル仕上げでお部屋に広がりを持たせるリフォームも選択肢の一つです。タイル目地には防汚・抗菌性能のあるものを利用すれば、カビの発生なども抑えられます。

部屋全体をタイル床にするのではなく、屋外とつながったところを部分的にタイルで仕上げることで、部屋全体に広がりが生まれ、またペットにとっても落ち着ける空間を作ることができます。

【タイル床の概算リフォーム費用】
10m2(約6畳)あたり 130,000~180,000円程度
※材料費(普及品)、施工費、廃材処分費含む。
※既存のフローリング床をはがして仕上げる場合を想定(乾式工法)。床下地材(根太・大引き、下地合板など)の補修は含まない。下地の補修ならびに、下地から取り替えるような場合は、別途工事費が追加される。


次のページでは、ニオイを防ぐ壁リフォームや、ペットが喜ぶアイテムをご紹介します