リフォームの実例集などを見ていると、工事費用が何百万円するものや1千万超のものが出てきて、我が家にリフォームは無縁なのかも……、などとお思いの方もいらっしゃるようですが、低予算でもお部屋の雰囲気を見違えさせるリフォームテクニックは意外とたくさんあるものです。

今回は比較的低価格だけど侮れない、素敵なリフォームアイデアについてご紹介します。全体リフォームの中のワンアクセントとして活用しても面白いと思います。大きなリフォームを検討する前に、このようなリフォームで工事業者の腕試しをしてみてもいいのではないでしょうか。

ライティングダクトで手軽にスッキリ!上品なお部屋に

インテリアダクト

インテリアダクトとペンダントライトの組み合わせで、何気ない空間の雰囲気が見違えてしまいます。(画像提供: パナソニック株式会社

当たり前にお部屋の照明をつけたり消したりしているようで、実はお部屋の雰囲気を左右させている照明器具。インテリア性の高いおしゃれな照明でお部屋の雰囲気を一気に変えてくれるはずです。

天井から吊り下げるペンダントライトは、ダイニングテーブルの上を上品に照らしつつ、照明本体もインテリアに溶け込むため、とてもリラックスしたお部屋が作れるのですが、さらに配線も見た目もスッキリさせてくれるのがライティングダクトです。既存照明器具の接続部をそのまま活用することができるので、大がかりな工事もカットでき、照明範囲の大きさに合わせて、ペンダントライトを増設することもできるのです。光量や光色を調整できるタイプもありますので、予算や作りたいお部屋の雰囲気に合わせて選定してみるとよいでしょう。

【ライティングダクトを活用した照明リフォームの概算費用】 10万円前後から

窓回りを彩る木製ブラインドは4万~8万円で!

木製ブラインド

一般的なブラインドも素敵ですが、木製ブラインドはお部屋の雰囲気に落ち着きが出てきます。写真は実際のリフォームの写真ですが、窓枠と同系色のスラットであるため、違和感なくお部屋に溶け込んでいます。

お部屋の雰囲気を左右する窓回り。一般的にはカーテンのデザインを変えて模様替えをすることが多いのですが、ブラインドに変えるというのも一つの選択肢です。

カラフルなブラインドで明るいお部屋の雰囲気にしても素敵ですが、木製ブラインドで落ち着きのある空間にしてみることも検討してみてはいかがでしょうか。

量販されているブラインドが幅1.8m×高さ1.8m程度で15,000円前後であるのに対し、木製ブラインドは40,000円前後からということを考えるとやや高めではありますが、幅が広いスラットで色合いを窓枠と合わせたりすると、お部屋に統一感が生まれ、リフォームしたという「後付け感」のほとんどない空間が作れるはずです。

【木製ブラインドのリフォーム費用】 約4万~8万円前後
幅1.8m×高さ1.8mのブラインド1箇所あたり。取付費用も含む。

次のページでは、低予算で簡単にお部屋を見違えさせる床リフォームについてご紹介します。

【関連記事】
内装リフォームでお部屋を一新!低価格リフォーム術