追加費用を含んだローン再審査で大パニックに!?

リフォーム
リフォームして美しくなった部屋を見ると、いろいろ揃えたくなってしまうものです。そういった費用も見積っておきましょう。
ローンを組んだ後に追加工事が発生してしまい、ローンの増額審査を依頼したら、ローン申し込みそのものが取り消しになりそうになった、というケースもあります。

原則としてローンは申し込み時点の申込者の信用状況を考慮して審査されます。そのためローンを申し込んだ後、実際に工事に取りかかり、途中で追加工事が発生してしまい、ローンの増額審査を依頼したら、ローン審査でNGになってしまい、お金の工面で大苦戦したというケースもあります。

このように、ローン契約の場合、後から借入額を増やすことは意外と難しく、結局貯金から支出したり、割高な金利の別のローンを組まなくてはならなくなったりすることも少なくありません。このことからも、リフォームローンを利用するときは、ギリギリの資金計画ではなく、若干でもよいので余裕を見込んでおくことが、賢くリフォームを実施する秘訣なのです。

ローンに付帯する経費も馬鹿に出来ない!

中古住宅を購入し、リフォームして住まう時などに利用する公的融資や銀行ローンの場合は、抵当権の設定費用が別途発生したり、ローン期間を満たす火災保険の加入が義務付けられたりしているので、こういった費用の準備も忘れずにしておきましょう。

また増築した場合には固定資産税がアップすることもありますし、リフォームした部屋にふさわしいカーテンやインテリアを調達したくなることだってありますから、いずれにしてもリフォームの資金計画において、工事費用だけに気をとられてしまうのは危険です。付随する費用についても、事前に調べておく方が良いでしょう。

資金計画も相談に乗ってくれる業者を探そう

実はこれが一番大事な部分なのですが、リフォーム業者は工事をするだけの存在ではありません。工事内容についてアドバイスをくれると同時に、無理のない資金計画を一緒に練ってくれる業者であれば、無理なリフォームを押し付けてくることもないはずです。

「どうしたらたくさんお金を借りることができるか」「大きい金額のリフォームをまとめようとしているか」ということに執着しているリフォーム業者には要注意です。そこには施主の目線を無視した、受注優先の業者の姿勢が見え隠れします。施主と長くお付き合いできるような関係を作ろうと思っている業者であれば、無理矢理ローンを組ませるような提案は控えるはずです。

自己資金に多少の不安があっても、貯金とローンを上手に組み合わせることで、素敵なリフォームは実現可能です。工事の出来上がりが一番気になるところですが、その資金計画・リフォーム計画が的確であってこそ、満足度の高いリフォームができるのだと思います。家族や信頼できるリフォーム業者との打ち合わせをおろそかにせず、上手なプラン策定を心がけてみてください。




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。