居室
リビングや居室空間を大きく左右する床材。色合いや材質によってお部屋の雰囲気は思いっきり変わってしまうのです。
かつては傷んでいるから直すといったリフォームが主流でしたが、最近のリフォーム事例などを見ていると、非常に多くのバリエーションがあり、暮らしやすさや居心地の良さに注目したリフォームが増えてきています。

床についても例外ではなく、家ごとに、あるいは部屋ごとに機能性や居住性を考慮したリフォームが当たり前となっています。

そこで今回は一般的な住宅において、よく用いられる床材について取り上げ、その概算リフォーム費用とおすすめポイントについてご紹介いたします。

フローリングは10畳間で20万円前後から

フローリング
フローリング材にはそれぞれ商品ランクと特徴があります。カタログで必ずチェックしましょう。(画像提供:大建工業株式会社
木材に対するあこがれはやはり強いようで、床リフォームでもっとも良く用いられる材料と言えばフローリング材です。最近では無垢フローリングも普及してきており、その自然な風合いが空間全体にやすらぎ感を与えてくれます。

輸入建材も多く出回るようになり、合板(集成材)フローリング材と無垢フローリング材の価格もほとんど差がなくなってきていますが、その一方で材料の特徴を良く理解せずにリフォームしたために、床を早く傷めてしまう結果になる事例もあります。

無垢フローリング材の多くは天然の1枚板であるがゆえ、温度や湿度によって収縮します。そのため適切なメンテナンスを怠ると、床にすき間があいてしまったり、床が反ってしまったりするのです。

フローリング材には集成材、無垢材といった材質の違いだけでなく、傷の付きにくさや床暖房への対応といった特徴があるということを十分知った上で、カタログなどで商品仕様を良く検討して選択するようにしましょう。

【フローリング床リフォームの費用相場】
集成材(普及品)の場合 18万~25万円
無垢材(普及品)の場合 22万~30万円
※10畳間を想定。下地補修費用も含む。

【関連記事】
失敗しないフローリングリフォームのツボ
無垢材フローリングのリフォームって高い!?

リーズナブルでデザイン性豊かなクッションフロア

クッションフロア
明るく華やかなデザインが用意されているのも、クッションフロアの特徴です。(画像提供:東リ株式会社
クッションフロアは、ビニール素材であるため主にトイレや洗面室といった水回り空間で使われていますが、そのメンテナンスのしやすさに加え、デザインの豊富さから最近では居室などでも用いられるようになってきました。

クッションフロアの嬉しい特徴としては施工が早く、材料費も非常に安価であることがあげられます。しかも足腰を痛めがちの高齢者にとって、文字通りのクッション性能は関節への負担が小さくなります。

ペットと一緒に室内で過ごすという方は、耐傷性能を持ったクッションフロアを採用すると、汚れやひっかき傷が気になるということもなくなるはずです。

【クッションフロア床リフォームの費用相場】 8万~13万円
※10畳間を想定。下地補修費用も含む。

次のページでは、よりハイデザインなリフォームで良く用いられる「タイル」「コルクタイル」についてご紹介します