従来のトイレリフォームというと便器を交換するだけというシンプルな工事が主流でしたが、一般家庭にも設置しやすいタンクレストイレが登場し、トイレ空間のリフォームイメージが大きく動いています。

不衛生で掃除箇所の多い部分であり、また足腰が弱くなってきた高齢者に使いづらい印象があったトイレ空間が、タンクレストイレを採用することで、空間を広く使えて、かつスマートな印象に変わります。

今回はそんな素敵なトイレ空間にするためのタンクレストイレリフォームの費用についてご紹介いたします。

一般的になったタンクレストイレ

タンクレストイレ

タンクレストイレは便器本体が小さい分、空間を広く活用することが可能になり、トイレリフォームの幅が広がります。(画像提供:TOTO株式会社

「タンクレストイレ」とは、トイレ便器背面の洗浄水をためておくタンクのない、すっきりとしたデザインのトイレのこと。少し前までは「タンクレストイレ=高級品」のようなイメージがあり、なかなか手が出なかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに昔ながらのタンク付トイレに比べれば、本体価格で5万~15万円程度高くなりますが、本体そのものの大きさが小さくなるために、トイレ室内を大改装することなく、手軽にスペースを広げることができ、むしろ狭いトイレ空間にはもってこいの住宅設備になりました。

同じように見える「タンクレストイレ」であっても、基本的な洗浄便座機能が付いているだけのものから、脱臭機能や除菌イオンを発生させる機能、部屋全体を暖房する機能があったりと、他の住宅設備商品と同様にグレードが設定されていて、本体価格にして20万~40万円以上という幅があります。

特に高齢者の方や女性の方に好評なのが、人を検知すると自動的に便座フタが開く機能です。便座フタが不衛生な気がして、なんとなく触りたくないという方だけでなく、足腰を痛めておられる方にとっては、前屈みにならずともすぐに便座に腰掛けられるので、一つのバリアフリーアイテムとも言えるでしょう。

便器本体を交換するだけなら工期は約半日で、工事費用も本体価格プラス2万~5万円前後で可能です。トイレ床や給水管・排水管が傷んでいる場合は、別途3万~6万円(トイレ床面積0.5坪前後を想定)が必要になります。

トイレ室内の小さな手洗い器でオシャレに

省スペース手洗器

狭いトイレ室内を広く活用するためには、手洗い器なども省スペースのものを検討してみましょう。(画像提供:株式会社LIXIL

タンクレストイレでリフォームをする際に気になることの一つに、「手洗い」の問題があります。トイレと洗面所が隣接していればいいのですが、トイレのタンク部に付いていた手洗いを使用していた方にとっては、ちょっと不便さを感じてしまうこともあります。

そんな場合は、タンクレストイレ導入を機に、狭いトイレスペースでもコーナー部やトイレ側面壁などを上手に活用して設置できる手洗い器を検討されてはいかがでしょうか。同時に給排水管の工事も必要にはなりますが、配管を露出させることなく上手に格納することができるタイプなら、工期が短くでき、工事費用も割安です。手洗い器の本体価格は4万~10万円位(自動水栓タイプなら10万~20万円)で、設置工事は2万~7万円程度です。

次のページでは、トイレ・手洗い器本体だけではなく、トイレ空間をグレードアップさせるリフォームについてご紹介します