自分や家族がガンになったとき、真っ先に心配するのは進行の度合いと治癒の見込みだと思います。また、現実的な問題として治療にかかる費用も誰しも気になるところです。今回はガンにかかる医療費についてご説明します。


今後の健康を見越して貯蓄を!

まさか自分が……!
まさか自分がガンに、なんて誰も考えたくはありません。しかし、一生涯のうちでガンが発生しないという保障はないのです
ひとくちにガンの治療費といっても、発生した部位でわけると検査だけでなく治療内容でも、ずいぶん違ってきます。更に言えば、同じ進行度の早期ガンであっても、その人の体力や合併症によっては、手術や抗がん剤治療ができないこともあります。

医療の発達によって治療法の選択肢が増えたぶん、かかる費用も一概には表現できないのが事実です。そうしたことを踏まえたうえで、50代を過ぎてからの現実を見据えた全般的な対策としては、少なくとも、医療費・入院中の生活費のために1人80~100万円以上の貯蓄をしておくこと。

特に保険診療外となる差額ベッド代や交通費、お見舞いのお返し、あるいは追加治療が必要になった場合のことなども考えると、思ってもいないぐらい費用がかかってしまうこともあります。血縁者にガンになった人が多いようであれば、民間医療保険(がん保険)に加入しておくことも1つの選択といえるでしょう。