快適で心地のよい暮らしを実現するためには、給湯器・給湯システム選びはとても重要なポイント。最近では、性能の高さはもちろん、環境に配慮した省エネルギータイプの機器も多くみられます。ガス(都市ガス・LPガス)を熱源とした給湯器のエコジョーズもそのひとつ。ここではエコジョーズの特徴や性能、選び方のコツをまとめました。

省エネルギー、環境にも優しい高効率の給湯器

新築だけでなく水まわりリフォームをきっかけに取り入れるケースも(イメージ)

新築だけでなく水まわりリフォームをきっかけに取り入れるケースも(イメージ)

エコジョーズとは、従来の給湯器に対して熱効率を高めた高効率のガス給湯器のことで、商品名ではなく、全てのガス機器メーカー・ガス事業者が統一した名称として使用しているもの。カタログなどを見るとわかるように、さまざまなメーカーの商品についている名称です。

エコジョーズの特徴は、従来のガス給湯器では排気ロスとなっていた潜熱(水蒸気として大気に放出されていた熱)を回収できるため、約80%が限界だった給湯熱効率を95%までに高めることが可能なこと。高効率のため使用するガスの量が減少し、CO2の排出量も削減、環境にもやさしいと言われています。もちろん、ガス代の節約にもなるでしょう。

さまざまなタイプが揃う。床暖房や浴室暖房も可能なタイプも

必要な時に必要なだけお湯を沸かす瞬間式のエコジョーズは、湯切れの心配もなく、本体サイズもコンパクトなのも特徴。一戸建てでもマンションでも取り入れられています。従来型のガスを熱源とする給湯器と同様に、給湯のみのタイプ、給湯と浴槽の追い焚きなどができるタイプ、給湯と追い焚きに加え床暖房、浴室暖房乾燥機能、ミストサウナなどが可能タイプなども揃っているので、暮らしに合わせて選ぶことが可能です。

搭載される機能によって、「オート(セミオート)」と「フルオート(全自動)」タイプなどに分かれますが、「オート」は自動的にお湯をはり、設定した水位で停止、追い焚き、設定温度で保温します。「フルオート」は、これらに自動足し湯機能が付いたものです。また、操作するリモコンも使い勝手やデザインもアップし、操作方法や機能を音声で知らせたり、キッチンと浴室間の会話が可能なものも。節約状況などを表示してくれるタイプもあります。

間取りや暮らしに合わせた給湯能力を選ぶ

エコジョーズは、従来のガス給湯器と同様に、給湯能力は号数で表されます。1号は「1リットルの水の温度を、1分間に25度上昇させる能力」のことで、たとえば、20号であれば、20リットルの水の温度を、1分間に25度上昇できるということ。20号は、キッチンと浴室など2カ所同時に給湯ができます。24号は、水温が低い時期でも2~3カ所同時にたっぷりと使うことが可能。一般的な4人家族の場合であれば、24号が向いているといえるでしょう。

補助金制度や料金プランなどは事前に確認し、トータルで検討を

省エネルギーに貢献するエコジョーズの設置に対して、自治体の中には、補助金制度を設けているところもあります。事前に設置する自治体に、条件などの確認を。また、エコジョーズを設置すると、ガス会社によっては「家庭用高効率給湯器契約」など、ガス料金が安くなるプランを用意しているケースもあるので、契約予定のガス会社に問い合わせてみるといいでしょう。エコジョーズに限ったことではありませんが、給湯器や給湯システムを選ぶ場合には、イニシャルコストだけでなくランニングコストを含めて、トータルで検討することが重要なポイントです。

エコジョーズは、メーカーからも多くの商品が発売されています。新築やリフォームの際には、設計担当者の提案された商品を採用する場合が多くみられる機器ですが、可能であれば、ガス会社や水まわりメーカーのショールームなどで、実物を確認し、リモコンの操作方法や性能、機能について説明を受けておくことをおすすめします。


【関連リンク】
給湯器・給湯システムの種類と特徴
エコキュートの基礎知識
エコウィルの基礎知識
エネファーム(家庭用燃料電池)の特徴と選び方
仕組み、機能etc. 電気温水器の種類と特徴&選び方




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。