この寒い時期に家づくりを考えると、暖房方法が気になります。近年クリーン&省エネルギーな暖房システムとして床暖房の人気が高まっています。

足先から部屋全体へぽかぽか床暖房

床暖房は床面から天井まで心地よい温度で、ほぼ均一に暖められるので、快適に過ごせます。
同じ温度でも体が冷たければ寒く感じ、逆に床温が30℃くらいであれば、室温が16℃くらいでも快適に感じられます。つまり室温と床温のバランスを取ることが快適な暖かさにつながります。
※他の暖房機器の熱移動、温度分布はこちらを参照

また床暖房の特徴として、
・暖房機器の設置スペースが要らない。
・ほこりを巻き上げないので、空気の不快感がない。
・室内で火を使わないので、安全性が高い。
・床の仕上げ材はフローリングだけでなく、タイルや畳などでもOK。


省エネとコストを見定める!


日本は亜寒帯から亜熱帯まで属す細長い国です。地域によって暖や涼のとり方が大きく違います。ただ暖房にせよ冷房にせよ省エネの視点を忘れてはなりません。そして設備機器を選択する上でとても重要なのがイニシャルコストランニングコストです。これまで日本人はどちらかといえばイニシャルコストを抑えようとし、ランニングコストについてはあまり気にしてきませんでした。今後長く住む家づくりを考えた時、コストの視点がより大切になってきます。

では気になる床暖房のランニングコストは??次のページで快適温熱環境づくりの実際を究明→