値段と座り心地は比例する!

ソファの選び方
二人でくつろぐにも座り心地は大切。いいソファはやっぱり高いもの?
ガイド:ソファを選ぶにも実際に座ってみるのが一番なんですけど、最近はネットで購入される人も増えていて難しいのが現状です。そんな方のためにアドバイスはありますか?

佐古田:座り心地といっても、クッション材の組み合わせ方によっても微妙に違ってくるので、これを使ったからこうだと方程式的に言い切るのは難しいんです。ですから、クッション材などの基本的な特徴を知った上で、やはり実感していただくといいですよ。あと、選ぶ時の目安として値段というのは大きなポイントの一つになりますね。

ガイド:高いものがやっぱり良いのでしょうか?

佐古田:価格と製品の内容は正比例すると思いますよ。やっぱり高いものにはそれなりに手間をかけているんです。例えば、ソファのフレーム部分。ここの部分は木で作られているんですが、安いものだと木枠の直ぐ上にそのまま布地を貼ったりしているので、触ったときに痛いとか。手間がかかったものだと、木材の角をとって更にウレタンなどで保護をして布地を貼るなどしていますからね。

ガイド:価格から見る安心感もあるんですね。

ソファの選び方
上の画像はポケットコイルを使った一例。手間をかけているソファの内部ってこんなに複雑。(画像:フクラ カタログより)


次ページでは、よく使われる材についてご紹介を。 包み込まれる感触ならばやっぱりこれが一番です!>>>