スペースや使い勝手からか、集合住宅のみならず、一戸建てでもリビングとダイニングが一続きの空間になっている間取りが多くなっていますね。よく見かけるリビングダイニングでも、ダイニングテーブルやソファのレイアウト次第では、使い勝手や雰囲気が変わってきます。今回は、基本的なリビングとダイニングのつながり方について考えていきましょう。

生活をイメージしてレイアウト

ソファレイアウト
レイアウトをするときには、どんな雰囲気で食べる、くつろぐのが好き?をイメージすることが大切!
リビングとダイニングが一続きの空間のレイアウトを考えるには、まずは、そこで行われる生活の中心となる行為、食事やくつろぎ・団欒などをどのように過ごしたいのかを考えてみてください。

例えば…
《A》
家族の食事の時間がばらばらになりがちなので、食事が終わってくつろいでいる時でも、食事中の人と会話ができるようにしたい。

《B》
食事の時間は食事に専念、くつろぎのときには生活感を感じないように落ち着いてゆったりとしたい。

《C》
友人や親戚が集まって、大人数での食事を取ることが多い。なるべく広いスペースを確保したい。


それぞれの場合、どんなリビングダイニングのレイアウトが良いでしょうか。
次ページではその基本となるレイアウトをご紹介しましょう!