宮の華の泡盛

沖縄の中でも群を抜いて水が豊富な宮古島には、もちろんいくつもの泡盛酒造所があり、宮古ならではのお酒が作られています。そんな中、働く人の8割が女性という酒造所があります。「宮の華」は宮古島の華麗な華となるようにという気持ちで名付けられた伊良部島の泡盛。女性ならではの気配りを活かした泡盛作りを続けています。

ふわっと広がる華やかで優しい口当たりの泡盛はとても飲みやすく、泡盛に馴染みがない人にもオススメできます。特にかつて宮古を統治していた仲宗根豊見親の妻の名前にちなんでつけられた「美女崋(うつめが)」は、まろやかで優しい味のとても飲みやすい古酒。美しいフォルムのピンクボトルに入っているのも、他では見ない女性ならではの商品。お手頃価格なので、お土産としてオススメですよ。


多良間島の黒糖

沖縄の色々な島で作られている黒糖の中でも、宮古島の西約80kmに浮かぶ多良間島の黒糖は名糖としてとっても名高いです。コクがあって風味豊か。キャンディーのようにそのまま食べれば、ちっとも嫌味のない甘みが口の中で溶けるように広がります。もちろん、お料理やお菓子作りにも抜群の美味効力を発揮してくれますよ! スーパーでは粉末状のものも見かけるので、お料理用にはこちらが便利です。


伊良部島のカツオ

宮古島の離島、池間島や伊良部島では古くからカツオ漁が営まれています。宮古島ではカツオを味噌に入れたカツオ味噌やカツオの塩からなどカツオを使った保存食が豊富。伊良部島にある隆一(たかいち)カツオ節加工場では、農林水産大臣賞も受賞したカツオ節の他、なまりぶしや佃煮など様々な加工品を製造しています。安心して食べられることをモットーに、添加物はいっさい使わず一つひとつ丁寧に手間をかけて作られた隆一のカツオは今では伊良部島を代表する特産品としても知られるようになりました。塩からはお酒のおつまみにピッタリです。

■おみやげ名店 ふるさと
隆一(たかいち)カツオ節加工場
住所:沖縄県宮古島市伊良部字池間添243番地
電話:0980-78-3392
地図:Yahoo!地図情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。