収入保障保険なら、保険料を抑えて必要な死亡保障を準備できる。

収入保障保険なら、保険料を抑えて必要な死亡保障を準備できる。

子どものいる家庭は、夫・妻に、子どものための死亡保障が必要です。この保障は、必要な保険金額は数千万円の高額になるケースがほとんどで、必要な保障期間は基本的に子どもが独立するまででいいという性格を持っています。こういった保障を準備するには定期保険が最適ですが、種類によって保険料がかなり異なります。まずは、定期保険にはどんな種類があるかを知っておきましょう。

収入保障保険なら、保険料は定期保険の半分以下ですむ

定期保険は、何年(20年・30年など)・何歳(55歳・60歳など)までと、保険(保障)期間が定まっている保険の総称です。いろいろな種類がありますが、利用できる保険としては、定期保険と収入保障保険の2種類に集約されつつあります。

通常、定期保険という場合は、保険金額が変わらない保険のことを指します。収入保障保険は、保険金は分割で支払われ、受け取る総額が徐々に減っていく保険のことです。高額な死亡保障が必要な場合は、収入保障保険を利用することをオススメしています。なぜなら、保険料を抑えられるからです。

では、定期保険と収入保障保険は、どれくらい保険料が違うのか、ある通販会社の商品で見てみましょう。

■加入する人=30歳・男性、保険期間=60歳満了(30年間)、口座月払い

例1)加入時の保険金額を同じ金額にした場合

・定期保険   3600万円                    
……約8500円
・収入保障保険 月10万円×12か月×30年(最長)=3600万円(最高)  
……約2900円

例2)収入保障保険は保険金額が減っていくので、
     その分を考慮して月額を高くした場合


・定期保険   3600万円                    
……約8500円
・収入保障保険 月14万円×12か月×30年(最長)=5040万円(最高)  
……約4000円

定期保険の保険料を100%とすると、例1は約35%、例2は約50%で、おおよその目安として、半分以下に抑えられることがわかります。

収入保障保険の保険料が安い理由は次ページで