節約を考えているなら毎月払っている公共料金をカード払いにすることをおすすめします。現金払いからカード払いに変えれば、その分、ポイントがついて商品券などに交換できてお得だからです。この公共料金の支払いに最も適したカードが、東京電力Switchカードといえます。このカードなら、電気料金はもちろん多くの公共料金がポイント2倍になります。手続きをしてしまえば(この手続きも一度にできて手間がかかりません)、あとは何もしなくてもポイントがどんどん貯まっていくカードなのです。一般のショッピングでは、1000円の利用で1ポイントですが、公共料金と特約店などの支払いでは1000円で2ポイント貯まるのです。そのポイントの価値も高く、1ポイントが5円相当、還元率にすると約1%相当と魅力的です(一般のプロパーカードは0.5%ですから、その倍ということです)。


ゆうゆう生活しているうちに自動的にポイントが貯まって商品券をゲット

しかも、入会の時にコースを設定しておくと、毎月貯まるポイントを他のポイントやマイル、商品券に自動的に移行してくれる便利なサービスもあります。たとえば、ANAマイルが効率よく貯まるANAコース、旅行パックと交換しやすいJTBトラベルポイントが貯まるJTBコース、伊勢丹の商品券に交換してくれる伊勢丹コースなどがあり、最初に設定するだけであとは商品券が送られてくるのを待つだけです。これまでですと、ポイントがまとまったところで自分で申請しなければならずやっかいでしたが、その手間が省けるのです。

つまり、このカードを使えば、ゆうゆうと暮らしているうちにポイントが貯まってある日、商品券が届くなんてこともありえます。主婦の暮らしぶりをよく理解した人たちが作ったカードといえます。


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。