中古携帯電話はお買い得?

お買い得とも言える中古携帯電話だが、購入時には気をつけたいこともある

お買い得とも言える中古携帯電話だが、購入時には気をつけたいこともある

最近、にわかに注目を浴びているのが携帯電話の「中古市場」だ。数年前に販売奨励金制度が見直され、端末の価格が一気に上昇。新製品では5万円以上するものが当たり前になってきた。そんななか、インターネットオークションや秋葉原などで、中古の携帯電話を買うという消費者が増えてきた。

ここ数年、大きな機能的な進化が減りつつあるので、中古を買っても問題ないというユーザーが多いのだろう。実際、最新モデルと1~2世代前のモデルではカメラの画素数などには違いはあれど、搭載されている機能の違いはあまりないと言って良いくらいだ。

インターネットオークションや中古取り扱い店でもかなり新しいモデルを売っており、新品を購入するよりも当然安く入手できるは、かなりお買い得と言える。

しかし、中古品を購入するにあたって、一つだけ確認しなくてはいけないのが、その中古品が正しく使えるかどうかという点だ。


中古携帯電話を購入するときの注意点

かつて、中古品のなかにはショップからの盗難品や、本人確認書類を偽装し、身元を偽って契約した不正契約品なども混じっていることがあった。

そのためNTTドコモやソフトバンクモバイルなどのキャリアは不正品を使えなくするようにするために、ネットワークから利用の制限をかけると言った措置を行っているのだ(ソフトバンクの携帯電話では、アンテナ表示が赤くなることから通称「赤ロム」とも言われる。auに関しては気軽にSIMカードを入れ替えして使うということがしにくく、中古品はショップにいって使えるための契約をする必要があるので、中古品はあまり出回っていないのが現状)。

中古品を買ってはみたもののネットワーク制限をかけられてしまい「いつの間にか使えなくなった」といって、販売した中古取扱店とトラブルになるというケースがまれにあるという。

中古品を購入する際には、赤ロムであった場合に交換や返品に応じてくれるショップで買うといったことが重要だ。

最近ではNTTドコモが、不正契約品かどうかを確認することができる「ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト」を開設。ソフトバンクモバイルも同じく確認できるサイトをオープンした

中古端末購入時にはこれらのサイトでしっかりと不正品ではないことをチェックしてから買うのがトラブルに巻き込まれない最良の方法だ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。