「テピート」はメキシコ文化の発信地

サボテンの実のジュース
ほんのり甘くて、清涼感があるサボテンの実のジュース「フゴ・デ・トゥナ」。焼酎割りもできる。
テピートは、2006年5月東北沢にオープンし、2008年10月に下北沢に移転。2009年8月頃からガブリエル氏が毎日料理を作るようになり、さらにパワーアップした。

以前は、ガブリエル氏に料理の手ほどきを受けた、チューチョ氏の奥様が料理を手掛けていたという。私はいただいたことがなかったのだが、評判は良かったと聞く。本物のメキシコにこだわる陽気な奥様だもの、きっと料理も太陽の香りがする、家庭的で素晴らしいものだったに違いない。ぜひ食してみたかったものだ。

テピートにはとびっきりの料理にとびっきりの音楽がある。そして、そこに太陽のように明るい奥様の共演。「音楽と料理は切り離せません。この店がメキシコ文化の発信地となれたら」そう語っていた奥様。確かに、ここにはメキシコを象徴するいくつかの要素がちりばめられているように感じられた。

五感に響く音楽と料理たち

料理も音楽も、ここ数十年で劇的な変化を遂げている。しかしその潮流は、マスコミなどの尺度にはまらない、本質的な感覚から生まれる個性や独自性にむかうものだと私は思っている。確かな技術とDNAをもって繰り出されるこの店の音楽と料理の音色は、凛とした音を奏で、そして必ず客達の五感に響くであろうとも思われた。(予約が取れない店になってしまうのではないかと、いまから心配してしまうけれど。)

それにしても、あぁよかったよかった。またあの味、いや以前よりものびのびとした?味に出合えて。初恋の人に久しぶりに会うと、とかく“あれ?”ということになりがちだけれど、ワタシの初恋のメキシコ料理は健在だったわ。しかもいつまでも色あせることがなさそうだし。いいお店に出合えたことに感謝することしきりである。

■メキシカンライブレストラン「Tepito テピート」
外観
駅から徒歩4分。ポップな看板と3Fに掲げられた国旗が目印。
所在地:東京都世田谷区北沢2-34-8KMビル3F
TEL:03-3460-1077 
FAX:03-3460-4932
営業時間:火~土 18:00~23:00LO
       日 18:00~21:30LO
定休日:月曜・祝日
交通・アクセス:京王線・小田急線下北沢駅北口より徒歩4分
地図:Yahoo!地図情報

お店のHP:メキシカンライブレストラン「Tepito テピート」

※モレソース、タマレスなどはテイクアウトができます。詳細はお店に確認してください。

<関連記事>
メキシコの食紀行
メキシコ料理レシピ(トマトとトルティージャのスープ)
東京の中南米料理店
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。