宮本恒靖選手

「日本よりも涼しいから試合をやるのにいい気候かなと思う。監督が「前回の東アジア大会で総得点で負けているんで、試合中の1ゴールを大事にするように」と指示していたんで、意識したい。対日本ということで相手も強い気持ちでのぞんでくる。ヨーロッパでやるのとは違うし、負けないようにしたい。前回は準優勝で終わってしまったという悔しさもあるし、今回はぜひ勝ちたい。2006年ワールドカップに向けてという意味でも、今までの戦いのベースはできているんで、新しいメンバーが入っても問題はないと思う」

小笠原満男選手

「(今日はいい形でFKを決めてガッツポーズが出ましたね?の質問に)周りに茶化されていたんで、テレ隠しです(笑)。マンチェスターユナイテッド戦のいいイメージもあるし、Jリーグでも今季はある程度やれているから、今年は去年よりいい感じ。今大会もいいものを出したい。

(FWへのパス出しはどうですか?の質問に)そればっかりは局面局面の判断になる。前の選手は玉田にしても大黒にしても高さがないんで、足元の方がいいと思う。後ろから蹴ったり放り込むより下でつないでコンビで崩した方がいい。自分の中でも攻撃のいいイメージがあるんで。マンU戦の2点目なんかもそうだけど、ああいう相手でも攻撃の形がよければ崩せる。だからイメージを大事にしたい。

(6月シリーズと周囲の選手が変わりますが?の質問に)あまり意識する必要はない。自分自身、いいイメージを出せればいい。FWにはそれぞれ個性もあるし、生かしたり、生かされたりしたい。(北朝鮮とは今年3回目ですが?の質問に)相手のことより自分たちのサッカーをすることが大事。繰り返しになるが、いいイメージを出せればいい。北朝鮮のメンバーが変わるといっても全部が変わるわけじゃない。周囲とのいい関係を保って、攻めも守りもいいコンビを作れればいい」

田中達也選手

「今までは代表に呼ばれる予感はなかった。実績もなかったから仕方ない。(2年前の東アジア選手権では大久保が呼ばれていたが?の質問に)それは実績があったから。自分はその頃は試合に出始めたばっかりだったから。2年近く経ってやっと選ばれて、ようやくスタート地点にたったところ。Jでも今回ももっといい内容のサッカーをしないといけない。チャンスがきたら、とにかく点に絡むことだけ考えたい」

大黒将志選手

「相手のビデオはまだ見ていない。明日は自分が点を取って勝てるようにしたい。やることはいつもと一緒。変わらない」

玉田圭司選手

「僕の仕事は守備じゃなくて攻撃。攻めに力を注ぎたい。オグリ(大黒)と試合で先発するのは初めてになるが、練習でもやっているし、彼の動きは分かっている。やりやすい。なるべく離れずに孤立せず、オグリを孤立させないようにやりたい。長くやってますし、問題ない。明日は行きます」

遠藤保仁選手

「(PK練習をしていましたね?の質問に)基本はアレックスだと思う。一応練習しておけという意味だと思う。まあ、決めれてよかったです。PKは得意な方だし、セレッソ戦でも決めている。僕の場合、GKを見てから蹴ることもできるし、逆を取る自信もある。本当に蹴るかどうか分からないけど、蹴れれば思い切ってやりたい。PKもFKも落ち着いて蹴れるようにいいイメージでやっていきたい。

(北朝鮮とは3回目ですね?の質問に)バランスを取りながら、しっかり守備から入りたい。自分の特徴である前に前に出る動きも出したいし、ミドルを打っていければ。ミドルを打てば相手も引いてくるし、スペースも空く。ダイナミックなプレーを意識したい。今回はシュート練習をいっぱいした。前回の北朝鮮戦ではミドルレンジのシュートが少なかったから、意識したい。2トップについては、2人ともスピードがあるし、それを生かさないといけない。全部速い攻めというのもいけないけど、2人にはどんどん勝負してもらいたい。自分はいいボールを出せるようにしたい」

(取材・文/元川悦子)

――――――――――――――――――――――――

東アジア選手権 試合日程

7月31日(日) 大田
男子 17:00 韓国 vs. 中国
男子 19:30 北朝鮮 vs. 日本

8月1日(月) 全州
女子 17:00 韓国 vs. 中国
女子 19:30 北朝鮮 vs. 日本

8月3日(水) 大田
女子 17:30 日本 vs. 中国
男子 20:20 日本 vs. 中国

8月4日(木) 全州
女子 17:15 韓国 vs. 北朝鮮
男子 20:00 韓国 vs. 北朝鮮

8月6日(土) 大邱
女子 17:00 中国 vs. 北朝鮮
女子 19:30 韓国 vs. 日本

8月7日(日) 大邱(テグ)
男子 17:15 中国 vs. 北朝鮮
男子 20:00 韓国 vs. 日本

※東アジア選手権(東アジアサッカー連盟公式サイト)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。