今回は、私が実践して一石二鳥だった節約法をご紹介します。それは「コンビニスイーツをやめてみる」こと。コンビニ商品に限らず、手軽に買えるお菓子をちょっと我慢してみませんか、という話です。

え~っ、甘いものだけは止められない!という、甘党諸氏の声が聞こえてきそうですが、「6キロ痩せました」と言ったら、少し興味がわいてくるのではないでしょうか。
 

年換算10万円以上の節約に!

仕事帰りにコンビニでシュークリームや杏仁豆腐を買い、テレビを見ながら食べるのが、私の日々の楽しみでした。しかし2009年初夏、あまりの体重増加にショックを受け、「改札出たらまっすぐ帰宅!」を決意。コンビニに寄ると、ついついお菓子を買ってしまいますからね。そして夜おなかがすいたら、さっさと寝ちゃうこと。

まず、節約効果が実感できました。お菓子が100円~300円。合わせてお茶やお酒も買い、週に2,000円くらいで、月に8,000円くらいを使っていました。お小遣いは自由だ!と、これまで節約対象外にしていたのですが、年換算10万円は大きい金額ですね。反省しました。

そして体重も、秋には6キロ減。きつくなった服を買い替える必要無し、ダイエット食品を買う必要も無しで、支出増加を回避。生活習慣病のリスクも低下した考えると、医療費も節約になっているはず。まさに、いいことずくめでした!

辛くない程度に頑張って、いろんな効果を手に入れられたら、最高ですね。

辛くない程度に頑張って、いろんな効果を手に入れられたら、最高ですね。

 

ストレス無く続けるために

甘いもの断ちはツライもの。ストレスにならないよう、「頂き物の高級お菓子やお土産はせっかくだから食べる」という、例外を設けました。その代わり、安いお菓子は「これは食べようと思えばいつでも食べられる物。わざわざ今日食べなくたっていい」と考えることにしたんです。

お菓子メーカーさんやコンビニさんに怒られそうな節約法ですが、実は私の実家はお菓子を扱う個人商店。親にも怒られそうです。でも、ここは皆さんの家計と健康のため、提案します。 お菓子をちょっと我慢して、「貯まった!」「痩せた!」という2つの効果を楽しみながら節約をしてみませんか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。