柔らかい質感のソフトモヒカン

正面
 
立体感のある柔らかいスタイル(スタイル:メランジ福島康介)
普段のサロンワークで、カウンセリング時にソフトモヒカンっぽくしたいというオーダーが多々あります。その時に必ずと言っていいほど、「でも、刈り上げにはしたくないんです」とか、「仕事もあるのであんまりツンツンしたりしない感じで激しくないのがいいです」というのが要望が多いのも事実。

「ソフトモヒカン」と一言で言ってもなかなか伝えるのも難しく、柔らかい感じのイメージを上手く伝えられない方も多いのではないでしょうか? そこでオススメしたいのが今回のスタイルです。

このスタイルの特徴として挙げられるのは、柔らかい質感・長すぎず短すぎない長さ設定、この2つです。長すぎず短すぎないというのは、まずサイドは刈り上げにならないくらいの長さは残しつつ、耳にかからないくらいにすっきりさせて、前髪も立たせると少し横に流れるくらいに設定し、すっきり感を出します。さらに、モヒカンラインは毛束の動きと頭の骨格補正をするために必要な長さを残してカットをしていくということです。それにより動きのあるきれいなシルエットバランスのスタイルになります。次に柔らかい質感を出すために、動きが出やすいよう髪が動くための空間を作るようにカットをしていき、動きの出しづらい毛質の方にはスタイリングがしやすいようにピンパーマをかければ、高感度抜群のショートスタイルが完成です。

長さもすっきりしていて動きが出やすいスタイルなので、カラーリングをしなくても、重たくならず、スーツスタイルや職場が髪型に厳しい方にもオススメです!スタイリングが簡単というのもこのスタイルの魅力なので、今までイマイチいい感じにスタイリング決まらなくてお悩みの方もぜひお試しください!

【ヘアスタイル情報】
■カット:サイドはすっきり、モヒカンラインは長めのショートスタイル
■カラー:なし
■パーマ:動きを出しづらい方は緩めのピンパーマをかけておくと、スタイリングが楽です。

【顔型・髪質】
■顔型:丸型、卵型、四角型、逆三角型
■髪質:直毛~クセ毛
■毛量:少ない~多い
■硬さ:硬い~柔らかい

次のページは「2009年型ソフトモヒカン」を詳しくご紹介します。