ついに発表! 次期チャレンジストラダーレ

フロント73


 ガヤルド・スーパーレッジェーラを返り討ちにするか!未だに人気の高い360モデナベースのチャレンジストラダーレの後継モデルがついに発表されました。
 その名も、430スクーデリア。もちろんF430の軽量高性能バージョンです。フェラーリ史上で頂点に位置するハイパフォーマンスロードカーであるとフェラーリ社自らが言うだけあり、その性能はスペックを見ただけでもゾクゾクもの。
 ベースモデルであるF430と比べると、ミドに積むエンジンこそ4.3LV8NAで変わりませんが、出力は510psにまでアップ。そして注目の車重は1250kg。これはF430比100kgの軽量化となります。これによりパワーウエイトレシオは2.45kg/psとスーパーレッジェーラの2.51をさらに上回ってきました。
 その他にもギアチェンジ速度が60ミリ秒のセミオートマ“Superfast”の採用や最新型トラクションコントロールを搭載するなど、F1で磨き上げられたテクノロジーが惜しみなく投入されています。
 ワールドプレミアはフランクフルト・モーターショー。発表時はあのミハエル・シューマッハが立ち会うことも決定しています。全世界注目のアンベールは9/11!!
 噂では、日本の代理店でも既に予約注文が、こっそり始まっているとのこと。ひょっとすると、もう買えません、ってなっているのかも。

 02
チャレンジグリルを始め専用エアロパーツを装着

 03
ドア、シート、センターパネルなどカーボンパーツだらけのインテリア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。