名車復活! フィアット・500、本国発表日が決定

500の73

フィアットの名車、500(チンクエチェント)の新型発表日がついに決まった。発表日は7月4日。イタリア本国で発表される。この日は、ちょうど50年前の1957年に先代500が誕生した日。500生誕50周年記念の意味合いも込めて、この日に決められた。

ボディは3ドアのみ。フィアットの中でも最も小さなサイズとなり、1.2L~1.4Lのエンジンを積む。先代同様、運転の楽しさを追求しているという新型500の日本市場導入は、まだ未定。一刻も早い導入を期待したい。

今回発表された詳細情報
全長×全幅×全高/3550mm×1650mm×1490mm
ホイールベース/2300mm
ガソリンエンジン/1.2L 8バルブ(69ps)・1.4L 16バルブ(100ps)
ディーゼルエンジン/1.3L 16バルブターボ(75ps)
トランスミッション/5MT or 6MT

500の73R



500のインパネ



500のシート



先代500
こちらは先代のチンクエチェント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。