FRのv12フラッグシップスポーツとしてフェラーリロードモデルの頂点にあった550マラネロがマイナーチェンジを受け、その名も575Mマラネロとなった。

575はV12DOHCユニットが5750ccにスープアップされたことを示し、Mはモディファイドを意味する。このユニットは従来の5.5Lユニットに比べ30psアップの515psを発生。トルクも60kg-mの大台となった。

最大のニュースはロードゴーイング12気筒フェラーリ初のF1ギアボックスを採用したこと。ハンドル奥のパドルでギアチェンジが自在に楽しめる。

メーカー発表の最高速度は約323km/hとオーバー200マイルを達成。0-400m加速においては6MTモデルよりもF1ギアボックスの方が0.05秒速い12.25秒と発表されている。

エクステリアではフロントマスク、特にグリルまわりがクラシカルな印象になった。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。