新ジャンルのSUV

天井
荷台ユニットを自在に組み合わせることが可能で、街乗り、アウトドア、レスキューなど状況を問わないクルマへと変身する
「ジムニー」、「エスクード」、「キャリイ」のDNAを継承するという、新ジャンルのクロスユーティリティビークルを名乗るのがスズキの「X-HEAD」だ。大人2人が寝泊まりできるキャンパー、街中向けのファッションなど、荷台を交換可能なユニットとすることで、文字どおり多様なカー・ライフスタイルを実現させるモデル。

アウトランダーの弟分

シート
全長4100×全幅1750×全高1550mmと大型化する一方のSUVにあって、十分コンパクトといえるサイズに、1800ccのクリーンディーゼルエンジンを組み合わせる
三菱の「Concept-cX」は、「パジェロ」や「アウトランダー」など、SUVを得意とする同社が送るコンパクトSUVのコンセプトカー。上下分割式テールゲートを採用し、街乗りでの使用も想定した実用性を追求しているという。エンジンは1800ccのクリーンディーゼル「Twin Clutch SST」を搭載。コンセプトカーなので市販化については不明だが、登場を期待したいモデルだ。コンパクトSUVは、日本のみならず欧州などの海外でも今後成長が期待できる分野だけにショーの評判次第では登場もあるか。

トヨタ、レクサスの東京モーターショーの公式ウェブサイトはこちら

日産の東京モーターショーの公式ウェブサイトはこちら

マツダの東京モーターショーの公式ウェブサイトはこちら

ダイハツの東京モーターショーの公式ウェブサイトはこちら

三菱自動車の東京モーターショーの公式ウェブサイトはこちら

「ミニバン・SUV」のメールマガジンの申込はこちらまで
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。