強力なブレーキで高い安心感

リアビュー
迫力ある左右2本出しマフラー。ML63とAMGのロゴが入る。存在感は後ろ姿も申し分ない
圧倒的なパワーを支えるべく、AMGスポーツサスとAMG強化ブレーキで足まわりを強化している。20インチの巨大なタイヤは、本格派の革ブーツといった豪華さで、乗り心地もそれなりに硬い。しかし、20インチと考えるとその硬さは不満ではなく、よくここまで頑張っていると感心させられた。スポーツモードや、通常モードでも路面が悪いとボディごと揺すられるのは仕方ないだろう。そのスポーツサスの恩恵で巨体にもかかわらず、首都高速の環状線のようなタイトなステージでも想像以上にフットワークはいい。適度にロールはするが、ロール量は少なめで、分かりやすいので唐突にグラリと揺らいでしまうことはなかった。

スポーツ度をグッとアップ

リアビュー
Mクラスは大人のSUVといった雰囲気が漂うが、AMG仕様になり上質さと精悍な印象を手に入れている。AMG専用ステアリング、シルバーメーターパネルを装備
ML63AMGの最大の魅力は、外観や内装の作りではなく、AMG仕上げのエンジンにあるといえるだろう。もちろん、上質なレザーシートに代表される高いインテリアの質感、迫力あるフロントマスクなどもチャームポイントだ。しかし、1300万円を軽く超える価格にふさわしい内容かというと少々見合わない。そのコスト、あるいは情熱は、やはりエンジンに最も掛けられている印象だ。このプレミアムSUVを手に入れられる幸福者は、メルセデスとAMGのブランド力だけでなく、至極のエンジンの真価を理解することでさらに幸福になるのではないだろうか。

「ミニバン・SUV」のメールマガジンの申込はこちらまで
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。