牙を隠したモンスター

フロントビュー
SUVの中でもトップクラスの馬力を誇る。全長4815×全幅1950×全高1775mmという堂々たるサイズ。細街路では取り扱い注意だが、思いのほか車両感覚はつかみやすい。価格は1365万円

ML63AMGは、乗ってみると拍子抜けするほど運転しやすい。V型8気筒6300ccから510psをつむぎ出すAMGのSUVといっても、アクセルマネジメントはしっかりされており、よほど不用意にアクセルを踏み込まなければ、分厚いトルクのみでジェントルに走れてしまうような印象。さすがに、20インチの巨大なタイヤとそれを包むオーバーフェンダーにより、ド迫力のスタイルを獲得しているが、「普通に乗るなら」そのどう猛さはなんとか隠し通している。

好敵手はカイエン・ターボ

エンジン
6300ccの大排気量ながら扱いにくさは皆無。「低排出ガス」の4つ星を獲得しているのは立派。最高出力510psは6800rpm、最大トルク64.2kg-mは5200rpmで到達するが、極低速域から十分な力強さ
500psを超えるSUVといえば、第2世代のポルシェ・カイエン・ターボ。そのキャラクター、走りの振る舞いはかなり異なり、ML63AMGはNAで510psに到達している点に価値がある。一般道ではとてもその実力の一端さえうかがえないが、高速道路では真価を少し見せてくれた。大排気量エンジンでは白眉といえるシャープな吹け上がりを味わう前に、あっと言う間に法定速度に到達してしまう。「7Gトロニック」と呼ぶ電子制御7速ATの出来も素晴らしく、500psでも十分キャパシティ内といった印象。ATの完成度の高さもジェントルな走りに確実に寄与している。もちろん、踏み込めば期待以上の加速力を得られる。2350kgで0-100m加速5秒はダテじゃない。

次ページでは、乗り心地について紹介。