紹介記事でも述べたが、新型サーフはプラドの姉妹車である。走行メカや各種チューニングをプラドに準じさせることも可能である。というよりも、姉妹車は大同小異でまとめるのが一般的である。しかし、サーフの走りはプラドと意図的に明確な違いが与えられている。

プラドはランクル(ランドクルーザー)という伝統的な国産オフローダーの一員であり、プラドの紹介記事でも述べたとおり様々な国々に輸出されている世界戦略車である。そのためオフローダーの基本コンセプト、つまり極限踏破性とハード&タフネスを大前提とした上で、時代性や仕向地の要求を上重ねされてきたクルマである。本格的オフローダーであり、高い汎用性とワゴンとしての実用性が求められ続けてきた。

一方、サーフは小型トラックから派生した4WDワゴン、いわゆるSUVである。スポーツ&スペシャルティな味わいを特徴にするSUVは、性格的には本格オフローダーと言い難い。しかし、サーフは間違いなく本格SUV、あるいは正統派SUVである。

どちらもハード&タフネスを重視し、オフロード走行に対応したクルマという点では共通している。ならば、そんなに「違う違う」と言わなくてもと考える向きもあるだろう。それも間違いではない。しかし、スポーツ&スペシャルティな味わいを求めるSUVでは、走りの基本をオンロードに置くことが多く、サーフも例外ではない。一方、本格オフローダーはオン&ラフロードでの性能を高くした上で、オンロードの走りを向上させる。つまり、走りの志向で軸足の置き方が異なるのだ。

オフロード向けのサスチューニングではロール方向にソフトてある必要がある。段差やモーグルで4輪の接地荷重を安定させるためだが、オンロード向けにしっかりした走りを求めればロール方向に柔らかすぎるのは操縦性にも安定性にも不利になりやすい。

サーフのサスチューンはロールやピッチ変化を抑えたオンロード志向である。とくにロールとピッチの挙動を独立して減衰させるXリアスを装着したモデルでは顕著だ。

高い重心のSUVとH/T規格とはいえオフローダー用のタイヤの組み合わせである。一般的には挙動やライントレース性はルーズになりやすいが、サーフは操舵に対する応答遅れが少ない。ロールが少なく抑えられたサスチューンの効果もあるが、ストローク開始から素直に減衰が立ち上がるため、過渡域でも素直な回り込みを見せる。ラインに乗ってからも、方向性やボディが揺らぐような挙動が少なく、フレーム型のオフローダー設計SUVとしては随分と締まりのある操縦性になっている。

Xリアス装着車では、操舵初期の小さなロールやピッチの変化から抑制が利き、一般的な乗用車全般と比較しても、かなり鋭い操舵追従性を見せる。ただ、スポーティな運転感覚を求めるあまり、穏やかさとか適度な冗長性まで失われている。これはこれで見所のあるアプローチだとは思えるが、ちょっと誇張されすぎて、不自然にも思える。

一方、オフロードでの走りだが、サーフがオンロードの走りを重視したサスチューンを採用しているからいって、オフロードを苦手としているわけではない。踏破性だけを見るならば本格オフローダーらしいレベルにある。センターデフ方式の4WDを採用しているが、センターデフはトルセンLSD(差動制限機構付きデフ)を用い、リヤデフもLSDが装着される。センターデフロックも可能であり、4WDローモードも選べる。これらのメカニズムはハードクロカン走行でも確実な踏破力を発揮する。

ただ、硬めのサスチューンはボディを大きく上下に揺する。要するに跳ねやすいのである。プラドと比較すれば乗員に掛かる負担は大きくなり、低めの速度の慎重な運転も必要となる。高い踏破性を持っていても、ハードオフロード走行で乗りやすい、あるいは扱いやすいクルマとは言い難い。こういった状況ではプラドのほうが気楽であり、しかも快適に走れるのである。

同じフレームとサスを用いながら、フットワークにこういった違いが現れたサーフとプラドは、北米に端を発したSUVと連綿と続いてきた本格オフローダーのキャラクターとコンセプトの違いをそのまま現しているといっていいだろう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。