トレンドチェックの前にスタイリングバランスの見直しを!


スタイリングの見直しでバランス美人に!
スタイリングの見直しでバランス美人に!
年を重ねるごとに変化していく体型。「若い頃はそれほど気にしなくても体型維持ができていたのに」と思っている女性はたくさんいるはず。

ただ体型の崩れ以上に、スタイリングのバランスが崩れてしまっていることで体型が悪く見えてしまっている人も驚くほどたくさんいます。バランスが崩れてしまっていては、どんなにトレンドアイテムを取り入れても洗練された印象に見せることはできません。

そこで今回は、体型の気になる部分をうまくカバーするスタイリングテクニックをお伝えします! 無理なダイエットに挑戦する前に、まずは自分のスタイリングのバランスをもう一度見直してみてくださいね。

自分に合ったサイズを選ぼう

体型カバーで一番大切なのは、「自分に合ったサイズを選ぶ」というこの一言に尽きます。たとえば、おなか周りが気になるからといって、わざと大きめのトップスをダボっと着てしまうと、かえっておなかが目立って逆効果。だからといってキツめのもので締め付けるようにしても、洋服に変なシワができて目立ってしまうことに……。

体型を隠そうとしたり無理に補正しようとしたりせずに、まずは自分の体にきちんと合った、ジャストサイズのものを着るようにしましょう。これは、おなか周りが気になる方だけでなく、すべての体型の方に言えることです。

気になる部分から目線をそらして!

スカーフを活用して体型カバー!
スカーフで上の方に視線を
集めて体型カバー!
人は、あなたと会った時に必ずしも真っ先にあなたが気になる部分を見るわけではありません。まず全体を見て、そのあと細かい部分に目が行きます。もしあなたがおなか周りを気にしているのなら、要はそこに視線が集まらないようにすればいいのです。

気になる部位から目を逸らすスタイリングのポイント例を下に挙げておきました。「着て、見て」を繰り返していくうちに、自分のベストバランスも分かってくるでしょう。

おなか
襟元や胸などおなかより上の部分にデザインのポイントがあるような服を選ぶ
ふくらはぎ
一番太い部分で終わる丈のスカートは履かず、それより上か下の丈のものを選ぶ
背の低い人
帽子をかぶったり、ネクタイを目立つものにしたり、スカーフを巻いたりして、視線を上の方に集めて高さを感じさせる

次のページでは、目の錯覚を利用した体型カバーテクニックをお教えします!