新しく入った保険の保障が開始されてから、今の保険を解約して。

新しく入った保険の保障が開始されてから、今の保険を解約して。

生命保険の見直しで「新規加入して、今の保険は解約」するケースが増えています。この方法で見直すとき、注意して欲しいことがあります。まず、保険の新規加入の手続きをして、保障が開始されたことを確認してから、今の保険の解約手続きを行うこと。この手順を踏まないと、生保会社から加入を断れた際、無保険状態になってしまうからです。これって、保険見直しで案外、落ちがちな落とし穴なんですよ。

では、生命保険の保障はいつ開始されるかを見ていきましょう。

保障開始の時期はいつかチェック!

 生命保険の契約が成立するまでのステップは次の通りです。

ステップ1.契約申込書の提出

ステップ2.告知(診査)

ステップ3.第1回目の保険料の払込

ステップ4.保険会社の承諾

この4つのステップをすべてクリアして初めて契約が成立し、その証として保険証券が送られてきます(紙の証券はない会社は送ってこない)。では、このステップのうち、どの段階から保障が開始されるのでしょうか? ステップ2の告知(診査)を行った日、または、ステップ3の第1回目の保険料を払い込んだ日のどちらか遅い方からです。この保障が開始される日を専門用語で責任開始期、保険始期日と言います。

申込書を提出してから保障開始までにかかる期間は、加入方法(対面か通販か)や、告知(診査)の扱い(告知書の提出だけで済むのか、医師の診査が必要なのか)によって違ってきます。また、保険料の払込方法でも影響します。

通販で告知書の提出だけで済む場合、最も早く保障をスタートできるのは、クレジットカード払いを指定したときです。クレカ払いは、実際に第1回目の保険料が引き落とされた日ではなく、クレカの有効性が確認できた日をもって保障開始とするからです。クレカの確認には、契約申込書と告知書が保険会社に届いてから4営業日程度かかるのが一般的です。 

なお、ネット専業の保険会社には、告知もネット上で行え、診査結果がメールで通知されると申込日にさかのぼって保障がスタートする会社もあります。