ジーンズの次は、格安シューズ戦争が巻き起こる?!



【CONTENTS】
Page2:今すぐ欲しい! 格安「ユニクロシューズ」

2009年に大躍進を果たした企業が、「ユニクロ」を手掛けるファーストリテイリング。ヒートテックの大ヒット、傘下「ジーユー」の990円ジーンズ発売、ジル・サンダー女史とのコラボ「+J(プラスジェイ)」、フランスにグローバル旗艦店「パリオペラ店」をオープンするなど、どれも大成功を収め、「ユニクロ」の圧倒的な強さを見せつけました。

ユニクロの「ヒートテック」に続けと言わんばかりに、昨年は大手スーパーがこぞってヒート衣料を発売。また「ジーユー」の格安ジーンズにも、追随企業が数多く登場。1000円を切る格安ジーンズが、カジュアル専門店や大手スーパーから相次いで発売され、格安ジーンズ戦争が勃発したのは、記憶に新しいところ。

では今年、ユニクロはいったいどんな仕掛けを見せてくれるのでしょうか。さすが、ユニクロ。実は、すでに動き出しているのです。カジュアル靴ブランド「ユニクロシューズ」を昨年9月に立ち上げ、12月21日から春夏商品を販売中! 女性用6型、男性用5型を展開し、主力商品の女性用バレエシューズ、女性用パンプス、男性用キャンバススニーカーが1990円と、かなりお手頃プライス。ピンク、イエロー、ブルーなど、春らしいカラーが多数ラインナップしています。すでに、西友のベーシック衣料品のプライベートブランド(PB)「clothing(クロージング)」や、セブン&アイホールディングスの「ザ・プライス」なども格安シューズの販売に乗り出しています。この春夏商戦のゆくえ次第では、「現時点では販売の予定はない」としている競合他社も参戦してくる可能性が?! 格安ジーンズのような、格安シューズ戦争は起こるのでしょうか?


次のページでは、ユニクロシューズの特徴などをご紹介します!