ファッション業界で不動の人気を誇る“ドール系美女”。その中でも、スーパーモデルとして大活躍しているのが、リリー・コール。既に、ファッション誌ではお馴染みの顔だけど、テリー・ギリアム監督の『Dr.パルサナスの鏡』で大抜擢され、これからは女優としても活躍しそうな気配です。

【CONTENTS】
・Page1:“ポスト・ケイト・モス”ではおさまらない!リリー・コール嬢!
・Page2: ヒース・レジャーの形見は、ハートのタトゥー。
・Page3: リリー・コールのレッドカーペットファッション!

“ポスト・ケイト・モス”ではおさまらない!リリー・コール嬢!

リリー・コール
ドール系モデルの筆頭株が、女優に転身!?(C)Kazuko Wakayama

イギリス出身のスーパーモデル、リリー・コール(Lily Cole)。数年前流行したドール系モデル全盛期に大活躍し、スティーブン・マイゼル(Steven Meisel)、ユルゲン・テラー(Juergen Teller)といった一流クリエイターたちに気に入られ、VOGUEやNUMEROといった各国のファッション誌で華々しくデビュー。その後は、Chanel、Christian Lacroix、Hermes、Longchamp、Cacharel、Marc Jacobs、Anna Sui Cosmeticsなど、多数のブランド広告に登場し、21歳で資産20億とも言われるほどのトップスターに成長しました。

リリーがスカウトされたのは14歳のときで、ケイト・モスと同じスカウト事務所だったことや、その出世街道がケイトに似ていることから、“ポスト・ケイト”といわれることも多いけれど、いやはや、そんな枠ではおさまらないですね…。ケイト・モスは、完全にバッドガールなイメージが染み付いているけれど(その堕落観が魅力でもありますが)、リリーはケンブリッジ大学に合格した才女。ケイトはスリムで中性的だけど、リリーはスリムなのにグラマーという点も異なります。小悪魔的な雰囲気は似ているけどね!

リリー・コール
どこまであるの~っ!?と驚くほどの超長~い美脚を見よ!(C)Kazuko Wakayama

そして、リリーの持ち味は、ながーーーい脚。身長は、179センチ。人間離れした長くて細い美しい脚を持っています。やっぱ人形?マネキン?マジで人間なの~!?体重は50キロという発表ですが…50キロもないでしょうね。“サイズゼロ”のモデルが普通になった頃、若い女性に拒食症などの悪い影響があるということで、各国のコレクションショーでは、痩せ過ぎモデルの使用禁止を発表しましたが、リリーの名前もリストされ、ほんのひとときファッションショーから姿を消していました。でも、そのことがあったからこそ、女優という道が開いたのかもしれません。

リリー・コール
豊かなバストにご注目!いまどきモデルにしては、珍しい巨乳具合です。 (C)Matt Anker

顔は物凄く小さい。お人形さんのようにベビーフェイスなのに、ボディは大人っぽいという、リリーの絶妙なコンビネーションは、クリエーターのイマジネーションを描き立てるようです。リリーは、ただたんに縦長のモデルたちとは違います。そう、物凄く“巨乳”なんです!!グラマー。ドーリーで長身で巨乳。可愛いけれど、毒をもっているような、どこか小悪魔的なイメージがあります。向かうところ敵ナシですねぇ…。

いよいよ『Dr.パルナサスの鏡』の中に潜入~!