パソコンの寿命、知らず知らずのうちに縮めていませんか?

パソコンは精密部品の塊です。しかしCPUをはじめ、さまざまな部品は膨大な処理をこなすうちに精密機器の敵である熱を自ら発生させてしまいます。そのために、パソコンには熱を逃がすための工夫がされていますが、これを妨げてしまうことでそれぞれの部品にダメージを与えてしまいパソコンの寿命を縮めてしまう場合があります。

CPUは熱を発生させ、なおかつ熱に弱い一番手の部品

CPUは熱を発生させ、なおかつ熱に弱い一番手の部品


特に無意識に放熱を妨げている場合には、より深刻なダメージを与えてしまいがちです。そこで今回はパソコンが熱を逃がすために行っている様々な工夫を紹介しながら、それを妨げてしまう例を紹介していきます。もし心当たりがあればぜひ改めて、パソコンの寿命を延ばしてあげましょう。


冷却口をふさがないようにする

パソコンにはデスクトップ、ノートパソコン問わず内部の熱を逃がすための排気口が備わっています。これを塞がれてしまうと内部で発生した熱が逃げ場を失い、発熱している部品の温度がさらに上がってしまう悪循環が発生してしまいます。

特にデスクトップパソコンは、設置場所が壁際などの排気口をふさいでしまうような場所に置かれる場合がほとんどのため、注意しないと熱によるダメージを蓄積してしまいます。デスクトップパソコンを使っている方は、取扱説明書で排気口を確認して現在の設置場所が排気を妨げていないか確認しましょう。

排気口だけでなく、このような吸気口のあるパソコンもある

排気口だけでなく、このような吸気口のあるパソコンもある


ノートパソコンではほとんどの機種で側面に排気口があります。パソコンを置いて使っている際、排気口の近くに物を置いて排気を妨げていないか確認をしてください。これだけでも熱を逃がす効果にずいぶん差が出てきます。
ノートパソコンはこのように側面に排気口があるものがほとんど

ノートパソコンはこのように側面に排気口があるものがほとんど