系列によってクレジットカードの特色は変わってきます!

クレジットカードは最近、その多くがメガバンク(三菱UFJ、みずほ、三井住友)の傘下に入ったこともあって、それぞれの特色が薄れつつありますが、クレジットカードを理解するうえでは、その出自がどこにあるかを見極めるのが重要な手だてとなります。そこで、ここでは、系列別の特徴という側面から詳しくみていきましょう。

クレジットカードには銀行、信販、流通、メーカーの4つの種類があります!

クレジットカードは、系列別に見ると、大きく分けて4つに分けられます。
・ 銀行系クレジットカード
・ 信販系クレジットカード
・ 流通系クレジットカード
・ メーカー系クレジットカード
これら4つの分類は、見てお分かりのように銀行、信販会社、流通系企業、メーカーという発行元によるものです。
例えば、三井住友カード(三井住友銀行)、JCB(旧UFJ銀行)、DCカード(旧三菱銀行)などは銀行系カードで、オリコカードやジャックスは信販系カード、伊勢丹やタカシマヤカードは流通系、JALカードやトヨタカードはメーカー系に属しています。

それぞれに特色があり、それをよく知って使い分けましょう!

この4つの系列の基本的な特徴は、銀行系カードは銀行という大きなバックを持ち、発行枚数がもっとも多いことです。
信販系カードは、割賦販売を得意とする信販会社を母体とするだけあって、分割払い、リボルビング払いと支払いの多様性があるとともに、提携カードをたくさん発行しています。
流通系カードは、スーパーやデパートなどが自前のチェーン店を使って、割引やポイントなどの特典を付けて多様なサービスを展開しています。
一方、メーカー系カードは、個々の会社の独自性に沿ったサービス内容を打ち出しており、特定の商品、サービスで大きな還元を受けられます。

極端な違いがなくなった系列別カード!

以前はこうした系列によってカードの性格にかなりの違いがありましたが、現在はどのカードにもVISA、マスター、JCBといった国際ブランドがつくのをはじめ、支払方法も大きな違いがなくなりました。さらに、多くのカード会社がメガバンクの傘下にはいったため(現在は全取扱高の7割近くをこの勢力が占めるまでになっています)、銀行の色が強くでるようになってきました。

メガバンク系と独立系に分けた方が分かりやすい!

それを考えると、これからは、4つの系列で考えるより、銀行色の強い「メガバンク系」と利用者サービスに特化したメーカー系を中心とする「独立系」に分かれると見る方がより妥当といえるでしょう。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。