クレジットカードに入会しようと思ったら入会申込書を書いて送る

目当てのカードが決まり、いざ入会と思っても「さてどうしたものか」と迷う人は多いでしょう。最初にやらなければならないのは、カード会社に申し込み用紙を送ることです。申し込み用紙は銀行のキャッシュコーナー、デパートのCD機のそばにあります(最近はネット経由でカード各社のホームページから申し込むこともできます)。その申し込み用紙に必要事項を記入してカード会社に送り、初めてカード会員として立候補できるのです。入会申込書は「受験」でいえば「内申書」に当たるもの。ウソのないように慎重に書きましょう。
この時大切なのは、後々のトラブルを防止するためにも、申し込み用紙に併記してある会員規約をじっくり読んでおくことです。
 

カード会社がもっとも重視するのは、申込者の返済能力です

しかし、申込書を書けばすぐに会員になれるというわけではありません。カード会社では面接などをしないものの、送られてきた申込書に沿って、いろいろな手段で申し込み依頼者の人となりを調査し、その人を会員にしてもよいかどうかを判断しています。
その際、カード会社が一番気にするのが申込者の返済能力についてです。返済能力のない人を会員にすれば、カード会社が負債を抱えることになるからです。
各社が判断基準としてあげているのは、年齢、定職、年収の三つ。年齢については、社会人として一人前と認められる18才から20才が目安となっています。職業については定職に就いていることが条件、それも最低1年以上の勤続年数を求めるところが多くあります。年収は250万円から300万円以上は必要とされます。
 

定職に就いているかどうかで決まる。自由業、自営業、派遣社員、フリーターは厳しい

とくに信用を重視する銀行系カードでは、申込者が定職についているかどうかを重視します。小規模な事業所であっても銀行ときちんと取り引きのある会社で、そこの正社員であれば問題はありません。難しいのは自由業や自営業、それに派遣社員、フリーターの場合です。