ルネサンスの都 花のフィレンツェ

花のように美しい都、フィレンツェ。この町の名前は、ローマ時代につけられた「フロレンティア(花の女神)」に由来します。

花の女神フィレンツェが読んで字のごとく、「開花」するのは1400年。1300年代末に流行したペストが去ると、新たに復興する気風が高まり、経済活動、芸術活動を大いに刺激しました。これが、いわゆる「イタリアルネサンス」です。芸術、文学、建築、医学などあらゆる分野で、失われてしまったローマ・ギリシャ時代の高い技術、芸術、思想の再評価、再構築が行われます。小さな宝箱のようなフィレンツェには、町歩きをするだけで、イタリアルネサンスの足跡を追うことが出来ます。

町の中心をアルノ川がゆったりと流れるフィレンツェ。小さいながらも、ルネッサンスの偉業を今に見る芸術作品がぎっしり

何処に行くにも歩いてまわれるフィレンツェの見どころを、アルノ川の手前と向こう側、6つのエリアに区分してみました。

【アルノ川の手前】
  • ドゥオモ~シニョリーア広場 ルネサンス地区
  • サンタマリアノヴェッラ広場~トルナブオーニ通り ショッピング地区
  • メディチ家礼拝堂 中央市場地区
  • サンマルコ修道院~アカデミア美術館 美術館地区
【アルノ川の向こう側】
  • ヴェッキオ橋~ピッティ宮~サントスピリト広場 職人地区
  • サン・ニッコロ~ミケランジェロ広場

ドゥオモ~シニョリーア広場 ルネサンス地区

圧倒されるようなボリュームと、美しい色大理石の組み合わせが見事なドゥオモは、フィレンツェ観光のまさに花

photo by SAWA pasqua
赤いレンガ屋根のクーポラやジョットーの鐘楼に登れば、フィレンツェの町を一望
フィレンツェ散策のメインエリアになります。別名「花の大聖堂」と呼ばれるドゥオモがあり、長い歴史の中で常にフィレンツェの町の政治中心であったヴェッキオ宮、ルネッサンス芸術の宝庫ウフィッツィ美術館がありフィレンツェの中でも外せない観光スポットが目白押しです。

ドゥオモからシニョリーア広場に向かう途中のカルツァイウオーリ通りはフィレンツェ一の目抜き通り。有名カフェが立ち並ぶレプッブリカ広場やこの通り沿いは、週末、地元フィレンツェ人で賑わい、大道芸人や移動遊園地なども登場します。

【ドゥオモ~シニョリーア広場 ルネサンス地区】
  • ヴェッキオ橋~ピッティ宮~サントスピリト広場 職人地区へ徒歩10分
  • メディチ家礼拝堂 中央市場地区へ徒歩10分