どんなに気をつけていても、100%防ぐのはなかなか難しいこと。それではもし実際に詐欺に遭ってしまったら、どうすればよいのでしょうか。

とにかく連絡を取り、連絡がとれるなら返金を迫る

詐欺の早期発覚を恐れる詐欺師は、しつこく連絡をしてくる落札者にはとりあえず返金するということがありました。連絡がとれるうちはまだ早期です。連絡を取り続け即返金してもらうようにしましょう。

オークションサイトに通報

オークションサイトに詐欺に遭ったことを通報し、詐欺被害額を補償してもらえるようにします。補償を適用されるかどうか、補償の申請に必要なものなども、確認しましょう。必要な要件を満たしているかどうか心配な時も問い合わせてください。

内容証明郵便を送る

郵便局から送ることができます。書式は決まりがあるので、それに従って作成します。パソコンでも作成することができますし、インターネットで送付手続きができます。内容証明郵便を送ることは、相手に確実に連絡を取ろうとしたという証明になり、ヤフーオークション補償をうける際にも必要になります。相手が内容証明郵便を受け取ってビックリして取引が進むことも考えられます。

警察に届出

落札者とは連絡がつかない場合は、詐欺事件として取り扱ってもらえるように、警察に被害届を出します。Yahoo! オークション補償の対象にならない、直接取引の場合でも、警察には詐欺として被害届を出しましょう。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。