超低金利下、超高金利商品!

円(¥)の定期預金(1年)は年0.03%ほど!100万円を1年間も預けて、税込みでもたったの300円の利息しかつきません。こんなこともあって、高い金利の外貨定期預金は人気のようですが・・・。


例えば、年12%の外貨定期預金(1ヶ月)があるとすると・・・

100万円をたった1ヶ月預けるだけで、為替が変わらなければ、1万円も利息がもらえるという計算になります。

手数料を念頭に!

ところが、ここで気をつけないといけないのが「手数料」です。

例えば、今1米ドル100円として、持っている円をドルに交換すると、一般的には手数料が1円かかります。満期の時に、円に換えるときにも手数料が1円をかかります。

ここでは、100円に対して 2円ですから、往復で2%ほどの手数料がかかる計算になります。

年率12%の外貨定期ということは、1年間(=12ヶ月)で12%の利息がつくということですので、1ヶ月あたりではその12分の1の1%の利息ということになります。手数料だけで2か月分の利息が吹っ飛んでしまうことになります。

(おおざっぱに計算すると、例えば為替が1ドル99円のときに、100万円の資金をドルに変えるには、99円に手数料の1円を足した100円(TTS)と1ドルを交換することができますので、100万円÷100(円)=1万ドルになります。

1万ドルを預けると、1ヶ月の利息は1%ですから、利息は100ドルとなり、満期は合計10,100ドルになります。このとき、円に交換する時の為替も同じ1ドル99円だとすると手数料1円引いた98円(TTB)で交換することになりますので、満期の受け取り金額は、税込みでも989,800円となって、為替が変動していなくても1ヶ月だけ預けて円に戻すと損になってしまいます(実際には税金が差し引かれるため、さらに手取額は減ることになります)。

*為替手数料は、通貨や金融機関によって異なります。