先日、23歳の女性から「派遣社員として働くのと、正社員で働くのではどちらのほうがいいでしょうか?」という質問を受けました。長い目でみたら、正社員のほうがいい!と考える人もいるでしょう。でも本当にそうでしょうか?今回は派遣社員と正社員を比較して、自分のライフスタイルにあった働き方を考えてみましょう。

<派遣社員と正社員比較そその1 人間関係>
派遣社員は字のごとく、派遣されていろいろな会社に行って仕事をしますよね。ですからいろいろな企業や職場を経験できます。たくさんの人と知り合い、いろいろな職場を経験することで自分にあった仕事を見つけ、また自分次第で正社員よりも早くスキルアップすることもできます。人間関係がうまくいかなかった場合も期間限定の職場なので、その時期を過ぎてしまえば人間関係も期限限定です。

反対に正社員の場合は、先輩後輩、上司部下など会社の人間関係がその会社にいる限りずっと続きます。人間関係がうまくいかない場合は我慢するか、会社をやめるかです。

<派遣社員と正社員比較その2  希望>
正社員も「勤務地」や「職場」の希望を言えないわけではありませんが、希望がかなえられる人はほんのわずかです。多くの人は自分の希望条件は満たされていないようです。

派遣社員はその点、自分が働きたい場所や勤務時間、職種を自分の希望で選択することが可能です。自分のペースで仕事を見つけることができます。

<派遣社員と正社員比較その3 就職活動>
正社員は入社をするとなかなか辞めることができないと考える人が多いようです。ですから、仕事を選ぶときも慎重です。会社の内容、雇用内容、福利厚生、離職率など就職活動をする時には前もって会社のことを調べます。そして働きたいと思ったところに面接に行き、入社が決まるので自分の希望条件にあった会社に入社するまでには時間がかかります。